韓国の通販サイトについて紹介
ファッションやコスメ、食品など最近ではインターネットの通販サイトで韓国産だったりするものを多く目にすることが多い。ただパッと見た限りでは、どこが原産なのかは一目でわかるようなものは少ない。
2008年くらいから多々増えていった韓国産の通販サイトや商品についての紹介。

スポンサード リンク

韓国産の製品

サムスンや家電メーカーで韓国産の製品は割と多い。服やファッション関連でも子供服などで韓国産とのキーワードが表示されたりするので利用者は多いのだろうと思う。
探すと、割と韓国産専門のECサイトは見られるので、需要は多いのだろうと感じる。
ただどういう客層の人達が求めているのかはわからない。

楽天市場は昨今韓国産なのか中国産なのかわからないが衣料であちらの原産だと思うファッションが大量に増えている。価格が安いという点が最たる特徴なのだろう。品質はわからない。

楽天市場で『韓国』を検索する

コスメ関連製品は多い。食品やインスタント品も多い。美容と食品が大半な印象だ。

Amazonで「韓国産」で検索。

検索すると、食品が結構あることがわかる。連動するカテゴリーが「キムチ」「唐辛子」「フルーツ」「乾燥ひじき」「野菜」他、となっており、需要はそれなりにあるのだろうと思われる。kg単位の製品が多いので業務用中心なのだろう。

危ないもの

客観的に考えても韓国産食品は無理。
過去にAmazonで肉が韓国産と思われるビニール袋に入れた写真が掲載されていたことが掲示板などで話題になっていたことがある。現在でも楽天市場などで韓国産の食品で異様なものが見られたりする。
一体誰が生物を出品して販売しているのかはわからないが韓国産の食品だけは私的には通販でまで利用したいとは思えない。
中国と韓国の見分けが付きにくい。販売者情報だけでは韓国人なのか中国人なのか見分けが付かないことがある。韓国では一般的できないにしても一部漢字文化は存在している。このため氏名だけではピンと来ないし製品でも韓国さんなのか中国産なのか見分けがつかないことが多い。
日本産のブランド商品と見せかけて製品ページでは一切記載が無い、ハングルがおもむろに外観に記載された商品が届いたこともあった。なんというか中韓の製品は嫌である。(返金にも応じてくれなかったのでややトラウマ感。メールでの問合せ対応で悶着して警察に届け出るとかいいだしやがったので二度とかの国の販売者とは関わりあいたくない水準)基本あちらの方々には日本の常識は通じない。

イメージの問題や風評ではなく実際に韓国産の海鮮品などは輸入禁止措置が取られている国などはある。日本でも民主党政権時代に韓国産の食品を衛生検査を免除で輸入できる契約を数年単位で結んでいたためとてもじゃないが信用できない面がある。反面韓国国内では野菜があまって農家が困っていたりするニュースが2014年7月の時点であったりする反対に日本マクドナルドが韓国産キャベツをチキンタツタの原料として使うなど、恐ろしいことをやっていたりする。
韓国産キャベツを使ったマクドナルドのチキンタツタ

韓国産の商品


I/51F8ifYwfeL._SL500_.jpg” alt=”サムスンの衰退から見える韓国の問題~韓国の落日~” align=”right” border=”0″ />

サムスンの衰退から見える韓国の問題~韓国の落日~

  • メーカー: 国際情勢研究会
  • 出版社: ゴマブックス株式会社
  • 発行日:2014-07-25
  • サムスンの衰退から見える韓国の問題~韓国の落日~

    韓国産のアイテムで他に「コンタクトレンズ」を多々見かける。カラーコンタクトなども多い。超危険な韓国製の未承認カラーコンタクト?
    これは安いことが最たる特徴だが、規格や検査の内容が劣る製品であるため危険性が時折報じられる。カラコンがいくらファッション用途のアイテムとはいっても、眼球に直接触れるアイテムであるため安い⇒良いと飛びついていたらとんでもないリスクにあうことになる。目の病気は一度悪くすると、致命的に復活が難しい視力が落ちたりするだけでなく様々な弊害が起きる可能性が高いので人体の外面部分でも最もデリケートで慎重になるべき所だ。

    どういう製品を購入するのかは買う人の判断ではあるが、実態を知らないで安いものに飛びつくことはハイリスクだということを忘れないでほしい。通販などだと保障や安全性なども実店舗で購入するのとは異なったりするため注意が必要だ。

    動画

    動画

    韓国という国は、日本列島消し去る国家です。