ミスタードーナツ門司駅前店(北九州市門司区)でも不適切動画投稿問題が発覚した。
何故またこういう問題が起きたのか?

不適切動画に関するお詫び(PDF:91KB) - ミスタードーナツ
不適切動画に関するお詫び(PDF:91KB) – ミスタードーナツ
https://www.misterdonut.jp/topics/rs_190521/rs_190521.pdf

犯行を行った人物について
ひでママというアカウント名だが。
https://rkb.jp/news/news/48050/
元アルバイトの男性となっているな。
俗にいう職業おかま的なしゃべり口調っぽい内容の話し方にも特徴がある人物ですが見た目はもろに短髪の中年男性である。

ミスド元店員が不適切動画 現店長「先輩で止められず」

5/21(火) 17:51配信

ミスタードーナツ門司駅前店(北九州市門司区)で、過去にアルバイトをした男性が調理場に入り、ドーナツを作る器具に触る様子などを動画で撮影していたことが21日、わかった。動画はネット配信で生中継された後、動画投稿サイトにも掲載されたという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000056-asahi-soci

経緯

2019年5月17日に問題の動画が撮影される。
同月18日、に顧客からの指摘で発覚
同月19日に該当店舗は一時営業。店内の停止清掃を行う。

  • 店舗
    門司駅前店(北九州市門司区)
  • 動画媒体
    ツイキャスらしいがアーカイブが閲覧不可能なため未確認。
    転載動画は多数有る。
  • (転載動画しか残っていないため詳細は不明)

    元々動画配信者が営業中の店舗に迷惑行為は少なくない。
    桐崎栄二の父親までケンタッキーに「タンケッキー」で難癖|飲食店
    むしろ「根絶されないな」という印象は何年たっても変化がない。

    ミスタードーナツ店舗との関係性

    男性は30年ほど前に同店でアルバイトしていた。
    当時現在の店長と同僚だった。
    店長は「先輩だったので止められなかった」
    普通に考えると30年前に勤めていた人に関しては、顔も名前も体形も忘れますよね。
    元は知人だったとしても、30年も経過していれば殆ど他人に近い物であるはずだ。
    普段からこの店長と私的な付き合いがあったのでは?と考えられる。
    地域固有の関係性・問題性も根にあるのでは?と疑ってしまう。

    ミスタードーナツの事業本部の広報担当者「男性へ法的手段も検討する」

    30年前というと50代以上の可能性が高い気がする。
    少なくとも40代後半だろう。
    志らく 49歳元バイトの不適切動画に怒り「人間が壊れている」

    ミスタードーナツの北九州市の店舗で、元バイトの49歳男性が動画を撮影しながら勝手に調理場に侵入。

     素手で調理器具を触ったり、不快な音とともにチョコレートを指でなめるなどした。動画はSNSに投稿され、拡散されて問題化した。

    49歳らしい

    40代超えてもインターネットで「何を配信したらいけないのか」理解できない人にネット接続させるのは自爆行為だけでなく他所に迷惑までかける結果という典型例ですね。
    店長もほぼ同罪。
    生配信している客に入っていいか」というのを止められていなかった問題。
    事務所やバックヤードの配信ザている事
    チョコレート舐められていたことで致命傷。
    ⇒誰かが素手で舐めたチョコレートを客に振舞う飲食店とか怖すぎる。
    清掃期間までの期日でも日が空き過ぎている。

    今回の問題点
    • 営業妨害
    • 損害賠償請求:店舗が休みで清掃に使われた分。
    • 営業妨害は未知数ですが
      損害賠償は1日の売り上げを失ったことは明確なので、数十万~の請求は明確に行われそうだ。
      しかし本人が働いて収入を得ている感じがネットの記載からは見受け取れないため資産があるのかどうかが甚だ疑問店。

    非常識
    不適切動画投稿問題が社会的に多く広がったのは2019年1月と2月
    その後ひと段落したかと思えばまだ起きた。
    今回のはアルバイトではなく元アルバイトしかも30年近く前という事。
    現在雇用関係がない為、直で雇用されている場合の解雇などとことなり即うけるダメージが無い事。
    今の時点で店舗と何ら関係がないただの客の迷惑行為でしかないという点は今までのバイトテロとは大きく異なる。
    おでんツンツン男などが近い迷惑行為といえる。

    ミスドの件は、動画配信者(加害者)に資産などなさそうですし、刑事罰でどれだけ罰が追求できるのかだけが焦点になってしまう。

    1月2月のは学生アルバイトだったことと比較しても
    今回のはいい年した中年の犯行なのも悪質きわまりない点。
    生中継も動画投稿サイトへの投稿が本人の手によるものという点でも業務妨害あきらかに故意すぎるので酷い事例といえる。

    おっさんがアホな書き込み多数したりする事例は多々あるので、インターネットの意味正しく理解できていない人は意外と多いのだなぁと思う昨今ではある。
    最悪 「らーめん曳舟」濃厚鶏みそ|ら~めん曳舟
    20前後の若者だけでなく40歳後半50代前半のおっさんたちでも今後この手のことは多々発生するのかもしれない。
    現にヘイトスピーチなどの書き込みで訴訟もチラホラ報道されていますし。

    バカッターからのバイトテロ、不適切動画投稿と呼称は変化してきているが
    本質は何も変わっていない。
    チェーンソーを使ってヤマト運輸従業員脅すユーチューバーwww

    店長もオカシイ

    30年前の時のアルバイトの先輩だったからといって
    現在の店長が雇用関係にない人を止めることができなかったという言い訳は責任者として最悪の言い分だろう。
    元アルバイトだったからといって、現在雇用関係がない人物を事務所とか厨房に入らせるとか、ありえない事は大人であれば誰にでもわかるはずだ。
    なおかつ動画配信させていたことは防犯上でも好ましくない事と衛生的にアウトだ。

    犯行に及んだ人もオカシイが、
    この店長もちょっと常識欠如しすぎなのでは?と思えてしかたない。
    責任追及される要素は多い。

    仮にミスタードーナツで、こういうことがまかり通っているのだとしたら、こんな飲食店で働きたいとも思わないし企業イメージも失墜するだろうに。
    アルバイトのバイトテロは何が面白いのか?

    迷惑配信者の動機

    動画配信は2000年代中ごろから大々的に開始され2009年ごろから映像でも生配信サービスも普及しだした。
    素人でもカメラとインターネット環境があれば配信できることから、
    常識や、倫理観がいまだ万全に浸透していない面は残っている。

    お金なのか?

    動画配信サービスに関しては、
    SNSと異なり収益化できるサービスがある。
    投げ賤など、閲覧者からのチップで収益が得られるものもあり、内容が過激化に走る例は後を絶たない。
    Youtubeが収益化を厳しくしたところで他の媒体に映ってしまうだけであり、抜本的な解決には至らない。

    気持ちの問題なのか?
    • 注目されたい。
    • かまってほしい。
    • など承認欲求型

    Webで多数に知られることでオフラインでも勘違いしてしまう輩も少なくない。
    これらは動画サイトだけでなくSNSなどでも多く見受けられる。
    今後もこの層は減る事はないのだろう。

    ニュース記事
    ポイント

    いい年したおっさんだから行うのは変と言う考え方は甘い。
    いい歳なのに、定食にもついておらず、自分の家庭も無い(実家に寄生)
    という背景。
    ようするに失うものが無い人なのが特徴的だ。
    今後もこういう中年、高齢者は次々と出てきそうな予感がする。

    文字『ミスタードーナツでも不適切動画投稿問題』
    文字『ミスタードーナツでも不適切動画投稿問題』

    4月下旬にイエローハットでホイールに火をつける動画がネットで拡散