超人気ユーチューバー ワタナベマホト傷害で現行犯逮捕とういうニュース記事が出ていた。
ワタナベマホトというチャンネル名で活動している男性は現在26歳とされている。
『超人気』といっても名前くらいしか知らないし
YouTube頻繁に見ない人は知らない人の方が多いと思いますが、Twitterのトレンドに入っていて気づいた。
チャンネル登録者数270万人超のYouTuber
中学生・高校生くらいの若い世代の閲覧者が多いと考えられる。

MCNのUUUM所属。
事件後、動画活動の謹慎処分。⇒活動自粛だけで済むと思っている点は、罰として甘い気がする。
稼ぎ頭のヒカキン・はじめしゃちょー規模でないとしても数百万のチャンネル登録者を失う事がそこまで板でだったのですかね。
10代への暴行事件起こしてまで。

白ネクタイ・グレージャケットの謝罪動画にあの髪型と顔の化粧とも思えるスタイルで、謝罪動画をアップロードを許す会社はちょっと信用ならん。
基本的にキッズ相手の商売としか考えていないんだろうな。

ニュース記事

超人気ユーチューバー傷害逮捕 同棲中の元アイドル女性を殴り、顔を踏みつける

 チャンネル登録者数270万人超の超人気ユーチューバー、ワタナベマホト(26)が東京・港区の自宅で同居女性に暴行を加えたとして6月2日未明、警視庁三田警察署に傷害容疑で逮捕されていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

被害者:同居していた恋人 元アイドル(10代)
怪我の内容:全治2週間の怪我
現行犯逮捕
事務所:謹慎処分 2018年から大手事務所「UUUM」に所属
音楽:レコード会社からのデビューは白紙

顔を踏みつけ」という内容かなり印象ガタ落ちだろうな。

これは酒に酔っていたとはいえ、人としての資質疑う。
一般的にも体罰や暴行は、敏感になる時代背景ですしDVとかにも敏感な問題で暴力にたいしては世の中は批判的なものである。
酒の性にすればしょうがないと考える要素があるわけでもないし。

この手の暴行問題を起こすことが発覚すると、普段からオカシナ人だったのではという印象が強くなる。

今回の騒動について、活動休止させていただきます


化粧が不気味。
歌舞伎でもやった後なのか思ってしまう。
謝罪動画というよりも被害者に対してか?皮肉動画に見えてしまう。
ノーネクタイなのも疑問。
ネクタイつける機会しらないのも無社会人の結果なのか、UUUMの質疑う。

※追記:ネクタイつけていないと思ったのですが白ネクタイのようだ。もしくはYシャツが右に大きく偏ってネクタイに見えるかの差。光源が強すぎてはっきりしない。
これはこれで変なんですけどね。
スーツを着ることに対する社会通念の価値観・常識が欠如しているといえる。
ノーネクタイだったとしたら本当に無知。
普段スーツを着る機会がないのに無理に謝罪でスーツ姿を着こなそうとすることでボロが出ている。
※例えば外国の企業で普段はTシャツのCEOたちですら、公の場での発表でスーツ姿で発言する場合は相応の恰好を行うことからすると若い世代のユーチューバーの程度が知れる。。

動画内容で語られてるポイント

  • 6月頭に酒を飲んで口論になり
  • 相手にけがをさせた
  • 話し合いの末 和解 と
  • 「しばらくおやすみ」と
  • 「カイワレハンマーでの活動も休止」

※事件を起こしたのは2日と報じられているが
2019年6月4日19:45にはツイートが行われていた。 逮捕が2日だったして4日には釈放されたのかが疑問が残る。
※関係者の投稿という可能性も残りますが。
4日に釈放で19日に発表というのは、釈然としないものが残る。
15日間の空白は何なのか?

雑感

私的にこの人物に対して何も思う事はないのですけど、事件そのものの酷さUUUMユーチューバーの関係性にだけ引っかかるものがある。

10代女性と同棲って時点で非常識ですし。

謝罪動画アップしたといえ、これは「またそのうち騒ぎが落ち着いたら動画配信は再開するんだろうな」としか感じられない。
「しばらくおやすみ」という言葉は信用できない。
動画投稿者だとヒカルのVALU騒動 などは数か月で速攻再開した事例が記憶にあるので
動画配信などしている個人の謝罪動画って形だけものでしかないことが殆ど。
※Youtuber系の事務所というのは、一般的な芸能事務所などは形式が大きく異なる為。
※ユーチューバーはMCN事務所に所属していたとしても自営業な面が強い為活動やめても収益は減らない
※収入が減るとすれば、YouTube内のチャンネル収益化がはく奪される以外にはない。

頭踏まれた女性について調べてみたが、これはちょっと中々…思う物が。
このあたりは確定的な証拠になるようなものはないことと10代ということなので情報は自重しておく、

20代になっても無就業で動画配信だけで知名度を集め莫大な収益化に成功
大金稼げるようになったら、やっばり普通の社会人とは異なる価値観が出来上がってしまうのか。
※超人気ユーチューバーとして比較すれば、HIKAKINは、スーパーでの就労経験があったりするので、30代近い人と 20代では、世代間格差は強く存在する。
※Youtubeが収益化できるようになったのは2010年台以降の為。

若い世代の炎上事案が多いのも このあたりの差があるのではと思う。
スマホネイティブな人たちの問題行動は今後も減ることは無いだろう。

一部被害者が暴行うけたことについて
自分も「踏まれたい」とか「殴られたい」ということを記載するTwitterアカウントなどの書き込みがみられることがキモチワルイ現象だ。
明らかにセカンド***な行為に思えて、こういう書き込みしている信者も、加害に加担しているように感じる。

今回の出来事。

事件で関係している事務所(UUUM)とか、レコード会社の損失は、あるだろうけども
被害そのものは和解がなされているということは その出来事自体は問題堀の返さないだろうし、(社会的な信頼回復は別として)
信用は失っただけで動画投稿自体は継続できるんだろし懐事情は傷まないんだろうなと考えられる。
※現在 過去にアップロードしている動画は収益化されている為。
※一般的な芸能人などと異なり、収入が途切れるわけではないので反省する要素は少ないのではとも感じてしまう。

明日のUUUMの株価の動きは気になるところですね。
この手の人材囲っていたことがどう影響するのかは見もの。

※今回のニュースが2019年6月19日 東証が終わった後の文春の報道だったため、本日の値動きには影響を与えていない。

※他のユーチューバーの逮捕はわりと早い段階で報道されることに対して今回のワタナベマホト逮捕のニュースは事件から17日経過してからの文春のみの発表だったため、怪しげな要素は残る。

文字『超人気ユーチューバー ワタナベマホト傷害で現行犯逮捕?』
文字『超人気ユーチューバー ワタナベマホト傷害で現行犯逮捕?』