セカンドライフのビューアー3.0がメッシュが使える?あるいは、はたまた、プリムが60mまでのものを作れるときいて興味はあったのですがずーっとver1.*いくつのを使っていたおいらはあまり乗り気じゃなかったのですがためしてみた。
sl-ver-3

アバターの見た目がなんか変な質感に・・・

SecondLife側の、基本的な、画質の設定いじりつつとっていた画像。

キャットちゃん

キャットちゃん

画像加工とか修正せずにSS(スナップショット)だけでこんだけとれた。空とかは特にいじっていない。画質の描写設定が超高というだけ。メッシュのシェイプとかに関することはまったく調べてないのでその辺はこれからしらべるとします。

ただしGTS250だと超高にすると爆音響かせるのでver3.0に挑戦するのは、現行のミドルレンジ以上のグラボがいいのかもしれない・・・。
旧世代のグラボじゃキツイ・・・
というかアバターの周辺にカメラアングル近づけると灰色のモヤモヤみたいなのがわかる・・・。遠近感ごまかしてリアルっぽくみせているような仕組みなんかなぁ・・・ようわからんけど。

ちなみにパンダのクオリティーには一切の変化は見られませんでした・・・(プリムですしね・・・・)

プリムも既存の物が大きくできた。

QB拡大してみた
QB拡大してみた

ただここまで大きくしても近所迷惑なだけなので小さく元に戻しましたけどね。
ビューアー3.0代になってSLの画質向上は目覚しいとは思うけど・・・さらに必要スペックが高くなっている気はするけども・・・。まぁ仕方ないのか・・・。ただまぁ見ている人の環境でセカンドライフの見え方がかなり変わっているというのはなんだかなぁとも思うのでした。