食品添加物(Food additive)について

食品添加物(Food additive)は様々な加工食品などで用いられている。
コンビニや、弁当屋、ファミリーレストランなど、今ではなくてはならないと言えるほど、重要な物になっている。
保存料や着色料、甘味料や香料なども含まれる。
食品添加物の種類として、
天然の動物や植物から作られるものと
科学合成によって作られるものと大きく2種類に分けられる。
食品添加物 |厚生労働省
これらの食品添加物の規制は国によって基準値や、使える物が異なっている。
必ずしも食品添加物が悪い存在ではなく、どの食品添加物がどの程度摂取しすぎることが危険なのか正しい知識を身につけた上で考える必要性がある。

食べ物の危険性について。

食べ物の危険性について。 例えば、トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)、添加物、保存料、 他にも各種科学的な調合で作られている原料は多い。 一見ドレッシングやマヨネーズ、に見えても、原料はまったく異なる製品は現代では大量に市場に溢れている。

危険な食品が出回っている理由

危険な食品が市場に出回っていて販売されつづけている理由が何故なのか考えたり調べたことは有るだろうか? これには幾つか理由がある。

ローソンは食品添加物まみれという結果。

外食

食品の安全性に関して。ローソンは添加物まみれという結果が出ているランキングがある。 有名所での、食品のランキングが出ていたのでメモしておきます。 前提として、コンビニ等を経営しているセブン&アイやローソンといった会社は、プライベートブランドというものを展開している。

コンビニや外食チェーン店の食品が危険な理由

コンビニで食事を済ませる機会というのは多い。例えば都心に飲食店は多数あれども昼時や夜間などは大抵込み合う。忙しい合間の食事となるとどうしてもコンビニで適当に購入して済ませるというのがどうしても利便性が高い。

食品添加物は危険?

食品

食品添加物は危険だとかなり以前から言われている。 例えばコンビニ弁当に代表される食品などの衛生管理も悪いと評判がついてまわりやすいが、それ以上に、元々の添加物もてんこ盛りなのが特徴だ。

ページの先頭へ