食品添加物(Food additive)について

食品添加物(Food additive)は様々な加工食品などで用いられている。
コンビニや、弁当屋、ファミリーレストランなど、今ではなくてはならないと言えるほど、重要な物になっている。
保存料や着色料、甘味料や香料なども含まれる。
食品添加物の種類として、
天然の動物や植物から作られるものと
科学合成によって作られるものと大きく2種類に分けられる。
食品添加物 |厚生労働省
これらの食品添加物の規制は国によって基準値や、使える物が異なっている。
必ずしも食品添加物が悪い存在ではなく、どの食品添加物がどの程度摂取しすぎることが危険なのか正しい知識を身につけた上で考える必要性がある。

フライドチキン・鶏肉の危険性

外食 食品
ファミリーマート初代フライドチキン

フライドチキン・鶏肉の危険性について紹介します。 海外製造の肉は、とにかく透明性が信頼できないという事。 過去にも「中国産チキンの問題」が上がっていたが、現在流通している鶏肉も安心して食べれる肉だとは到底言えない。 日本国内で出回っている海外産の鶏肉は、主にタイ産・ブラジル産が主流。

無化調と無添加について紹介。|食と知識

食品

食品でよく耳にする、無化調・無添加について 無化調とは 化学調味料を使用していないこと。 ラーメン店などで多く使われる言葉。 無化調のラーメンについて 化学調味料の危険性は、WHOレベルで体への害は無いとされているのでそ […]

食べ物の危険性について。|食と知識

食品

食べ物の危険性について。 例えば、トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)、添加物、保存料、 他にも各種科学的な調合で作られている原料は多い。 一見ドレッシングやマヨネーズ、に見えても、原料はまったく異なる製品は現代では大量に市場に溢れている。

ローソンは食品添加物まみれという結果。

外食 食品

食品の安全性に関して。ローソンは添加物まみれという結果が出ているランキングがある。 有名所での、食品のランキングが出ていたのでメモしておきます。 前提として、コンビニ等を経営しているセブン&アイやローソンといった会社は、プライベートブランドというものを展開している。

食品添加物は危険?|食と知識

食品

食品添加物は危険だとかなり以前から言われている。 例えばコンビニ弁当に代表される食品などの衛生管理も悪いと評判がついてまわりやすいが、それ以上に、元々の添加物もてんこ盛りなのが特徴だ。

ページの先頭へ