クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の違い。
各種支払いが可能なサービスは財布に現金が無くても支払いできるメリットがある。
しかし、現金以外のサービスは災害時に弱いことがマイナス要素としてあり店舗側の導入のしやすさでもデメリットとして存在している。
この欠点を上回るメリットが利用者側には容易されていることは見逃せない。

クレジットカード

クレジットカード VISA
Visa JCB アメックスなど

類似サービスにデビットカードも存在している。これは銀行の預金残高から即引き落とし。

クレジットカードのメリット

使用分のパーセンテージの還元もあるため現金決済よりもお得であることが多い。
不正利用に対する保証も充実しているため、利用頻度は高い。
世界中で使えたり※クレジットカード会社による。
インターネットのWEBショッピングの決済、各種公共料金の引き落としや通信費の引き落としにも使えたりと使えるサービスが最も多いので利用頻度は最も高いといえる。
QRコード決済のチャージにも欠かせないサービスの一つ。

クレジットカードのデメリット

デメリットは年会費が掛かるものも多いことと、信頼(クレジット)のカードである為、後払いの決済がきちんと処理できないと信用情報が傷つく可能性が有ることだ。

電子マネー決済

SUICAなど
Suicaは電車の交通系マネー
タッチするだけで決済ができるサービス
コンビニ以外にも自動販売機などが対応していたりする。
利用できる店舗は限定的だといえる。

電子マネーの意味は多様にあり、
楽天ポイントや、楽天edy、Amazonギフト券なども広義の意味では電子マネーに該当する。
特定のサービスでしか使えないという縛りが最も大きい。
対応する店も限られている為、使える店舗も少ないことが多い。
電子マネーを用いた『振り込め詐欺』が被害増加

QRコード決済

スマートフォンを用いたアプリを使う決済サービス

PayPay LINE PAY、d払い、楽天Pay、ORigami

チャージ方法はクレジットカードや銀行からのチャージなどサービスによって異なる。

メリット

QRコード決済のメリットは、
店舗側の導入が簡単であること。

クレジットカードや電子マネーの決済サービスは他にもある為、
特定のキャンペーンを除いては、利用者側には極端なメリットはないともいえる。
PayPay(ペイペイ)の100億円還元キャンペーンの威力と10日間で終了の結果

今後はワリカンにみられる複数人での支払い機能や、ユーザー間の送金などで利用できる機能が増えることが期待されている。

店側の支払いタイミング

店舗の決済サイクル
PayPay 1万円超えたら翌月入金可
Line PAY 月末締め翌月払い
楽天Payは入金を希望すれば

各種サービスの特徴

PayPay Yahoo!Japanとソフトバンクの合同
d払い NTTドコモ 2018年4月に提供開始 ドコモユーザーはクレジットカード無しでも携帯電話料金として支払い可能。
Line PAY LINE 個人間送金が可能
楽天Pay 楽天

今後

個人間送金サービスとしては期待が出来る。
QRコード決済が必ずしも便利か?というと今の段階では手間が結構面倒であり、
クレジットカード決済のようなスムーズに決済できるものではない。

乱立するサービスで時折高い還元のキャンペーンが注目されることはあるが、今の所現金支払いにとってかわるサービスとなれるのかは不透明だろう。

中国でQRコード決済が普及したのは偽札や、治安他様々な文化的な要因もあってのことだし日本のような現金の信頼度が高い国だとあの利点は少ないといえる。
どちらにしてもクレジットカード決済(デビットカード含む)で良いんじゃ?と言う印象は残る。

電子マネーやQRコード決済が現金のシェアにとってかわることは日本では簡単に実現しないだろう。
むしろクレジットカードやデビットカードの普及を進めた方が快適な生活送れる気がしてならない。

文字『クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の違い』
文字『クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の違い』