東京都墨田区押上駅近くのラーメン屋にて限定麺、ホタテの冷やしラーメン。
南三陸の恵〜極み〜
1500円の冷やしラーメン。
Twitterなどを見ていると鶏ホタテそばの支持率が高そうですが、
今回の限定麺はホタテで冷やしらーめん。
ホタテの価格の相場がわからないのですが具たくさんな貝は、おいしかった。
冷やしらーめんでも具も麺もおいしく食べれた。
もしもこの限定麺が、熱いホタテのラーメンだったら
どうなっていたのが気になったラーメン
価格に関しては鶏ホタテそば+ホタテの具と考えたら妥当か。
限定15食というように少ないので、面白メニューとして頂く。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

ホタテの貝殻の上にシソを載せて、具が乗っかって、盛り付けられていく様を見てムホホゥ。
貝の上の具は全般おいしい。
大きい貝柱の味が、貝柱がなんか違うかもという感だけ残った。
貝紐などは、そのまま食べてもワサビにつけておもいしかったのですが。うん貝紐はおいしいしイカの塩辛もおいしいし昆布もおいしい。
ただし貝柱だけ、ちょっと旨みで弱い気が・・・。大きすぎるとこういうものなのか知らないけど見た目の期待程の味ではない感。
中盤、貝の殻は麺の上に添えているのは見た目はよいのですが麺食べにくいなと思ってどかして食べた。
スープ
スープの味だけ何か物足りない
ホタテペースト冷バージョンありつつの混ぜて食べてみてもスープの印象が弱い気がしなくもない。
スープは最初・もとい前半はよいのですが後半何かくたびれる。
麺はおいしい。食べるの遅くても冷やしなので伸び無いしおいしい。
他のポイント
オイラのバカ舌に、ビール飲みすぎ警報発令中だったので、スープの味については、冷静に判断できませんが、
スープに浮かぶ赤い粉末名称知らないは、口にしたことはある味ですが名前しらない…。まぁこれがあることで悪くはないのですがスープのボディーが冷やしなことと合わせて、うん…。

竹末東京プレミアムのこの夏限定麺の冷やし中華トマトの限定麺よりも個性的な味ではあるのですが、飛びぬけてはいない。(具は確実に500円は上抜けている味ですが。)
もしもホタテの貝や昆布などの他の具抜きで考えると、味の印象においては、順位は崩れる気がする。

ネギや昆布など細かい具をすくって食べたい程度の味ではあるのですが、スープそのものを飲み干したいというような味ではなかった。(冷やしスープだと完飲の魅力は減ることが多い)
貝や海鮮が強いので、ここまで行くとラーメンというジャンルからはみ出ている気がしなくも無い。

スープと麺よりも、やはり具の印象が強い
麺とスープが、ご飯とみそ汁てきな位置づけで
貝の殻の上の具が、オカズに思える比重…。
冷やしラーメンとしてのスープと麺は、味は美味しいのですが、具が各々単体で旨いのが 笑。
ホタテがどうこうというだけでなく昆布や塩辛他の具も適度に際立っている点が強い。
スープが何か強烈な印象がある味だったら違ったかもしれないのですが、やはりホタテの貝の上の具の印象が勝る。

かきや no kakiya ホタテ 宮城県 南三陸 産 活 ほたて 貝 Lサイズ 10枚セット

冷やしラーメンの判断も解らない

これはらーめんなのだろうか。
ひとまず熱いラーメンだったらどうなるかが気になってしょうがない。
存在するのであれば、美味しい冷やしラーメンのスープってどんなのになるのか気になる2016年でした。(うどんやそーめん・蕎麦などは冷やしでも汁はあまり個性についてはラーメンよりは多様ではないですし・・・・)
どこかに冷やしラーメンランキングとかないのかね。(あまり興味はそそられないのでググルことすらないですけども)

冷やしラーメン1500円は面白いメニューでした。

お勧め記事
赤いホタテらうめん(ゲリラ限定麺) 竹末東京プレミアム