楽天銀行について
楽天銀行とは楽天市場がイーパーンクを買収して出来たネット専業銀行(ネットバンク)である。
店舗などの窓口は存在していない。

楽天銀行のメリット

楽天銀行は楽天市場との連動性が高く、
楽天ポイントによる還元でお得に利用できることが多い。
振込手数料も楽天ポイントで支払うことが出来る。
楽天証券などの取引の一部ポイントも楽天ポイントとして受け取れるため楽天関連のサービスを紐づけることでよりよく楽天ポイントはたまる。

JCB・VISAデビットカードはJCBデビットだと1%の還元がある。VISAは0.2%程度

楽天銀行(旧イーバンク銀行)の新規口座開設

出金ATM

入出金出来るATMは提携銀行などで出来るが多少限られてしまう。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • みずほ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • ステーションATM Patsat
  • VIEW ALTTE(ビューアルッテ)ATM

コンビニ(セブン銀行)のATMは、ほぼ24時間利用できるため利便性は高い。
ゆうちょ銀行のATMは設置数は多い為利用しやすいメリットがある。
みずほとUFJ銀行は時間帯によっては取引できないことがしばしあるイメージが有る。
使い勝手は新生銀行と大して差は感じない。
入金は3万円以上なら手数料無料ですが
出金は手数料がかかる為、出金無料回数が無い利用条件下だとデメリットに感じることはある。
デビットカード支払いで回避するほかない。
WEB決済とデビットカード利用では便利ですが
頻繁に入出金する口座としては不便である

楽天銀行のデメリット

問い合わせ先がすぐに見つからない事。
楽天銀行の問い合わせ先
以前身に覚えのない引き落としが有った時に、問い合わせするのに何分間か探し回ってしまった。
緊急時に本当こまるWEBデザインである。

電話番号にたどり着いても電話料金が有料だったりして萎えた。(通話が秒単位の価格も高い)
さらに込み合っていると本当に地獄。
普段1年に一回も楽天銀行に問い合わせすることはないのですけど、『銀行』を運営する体制としては信頼性は低く感じてしまう。

こういう人に楽天銀行は向いている
    下記の何れかの場合
    楽天銀行を利用するに価値がある場合がある。

  • 楽天市場のポイントを効率よく貯めたい人。
  • JCB・VISAデビットカードが利用したい人。
  • WEB決済が楽天銀行で行いたい人。
  • FXや外国為替取引を行いたい人。
  • 楽天アフィリエイトとの連動。(楽天カード(クレシジット)か、楽天銀行口座が必要な条件が有る場合)

単にネットバンクということで現金の入金・出金・振込だけで考えると他の銀行サービスの方がメリットがある場合も考えられる。
一長一短であることは認識しておくべきだろう。

楽天銀行について
楽天銀行について

ぬふふぬふふ

結局楽天銀行はどうなのか?


パンダパンダ

イーバンクのころよりも値上げが有ったりして、今は他のネットバンクと比較すると劣る点は多い。
ただしサービス内容は年々増えている為条件さえ合致すれば、色々と使える銀行ではある。

楽天銀行(旧イーバンク銀行)のサービス詳細と紹介