不動産屋は当たり外れが大きいUR賃貸を進めたい理由はいくつかある。

不動産屋で部屋探しするときの注意点
不動産屋で部屋探しするときの注意点

日本って住居に関しては外国人旅行者がある程度の期間滞在するのには困る程度に住環境は借り難い国だったりもするらしいですが、日本人でも例外では無い。

スポンサード リンク

UR賃貸のメリット

  • 更新費用が掛からない。(反面家賃は若干高いですけど)
  • 保証人不要(保証人の契約は意外と面倒高齢になって一人暮らしは限界地が見えるので)
  • 不動産屋が嫌いな理由

  • 保証人必須(これが一番最初の敷居)
  • 更新料を2年後とくらいにとる。(家賃2か月分とか)
  • 後付ルールを持ち出してくる。(契約時に説明がなかったり、数年たってからそれは問題だといったことを主張してくる悪徳業者が多い。こちらを悪者にして平然とした主張を繰り広げる。)
  • ※不動産屋で賃貸物件を探す場合はその不動産屋が仲介業者なだけの場合は契約前の説明も実際の管理している不動産屋で詳細なことを確認し他方が無難だ。仲介業者とだけで事前の契約が済む業者はろくな事が無い。鍵引渡しや本契約で違うといった話や実際に住んでからトラブルに遭遇すると痛い出費やストレスの元になる。

    不動産屋が嫌いな理由

    ついでに、追い出しも愉快なくらいに平然と行う。
    家賃が払えないという絶望的な状況に追い込まれることは人生においてはおきうる。
    会社の倒産などで、仕事がすぐに見つからない場合などは致命的だろう。
    普通は雇用保険が最大6ヶ月間程度受給できるので、よっほど器量がわるくないかぎり何の仕事にも就けないということはないだろうが、持病があったりすると30代40台になると転職は死に物狂いでやったとしても路頭に迷う事はある。

    失業などで転職にスムーズにつけずに給与が無い場合などは、中には鍵の付け替えをすると脅す場合もある。
    最悪なケースでは荷物などを処分されてしまった事例も見受けられる。
    法律的には刑事事件としても民事でも他人の所有物を勝手に処分する事は出来ない。
    賃貸契約がある以上。鍵の付け替えも勝手に行えない。

    筈なのだが、鍵を付け替える」だとか荷物を撤去すると脅す賃貸の管理人は意外と多い。
    こういう状況に追い込まれた場合は、録音してでも警察や弁護士に相談するといい。
    賃貸契約の支払いに官する契約も取引としての側面もあるが、
    日本においては賃貸契約における住居者の権利保護の側面も在る。
    これらの天秤をかけることなく、不動産屋は一方的に脅迫じみたことを平然と発言する管理人が多いので気をつけるべきである。