今月食べたラーメンざっと挙げてみる。
基本的に行列に並んで食べるようなことはしないので空いてる時間帯・店舗で食べるようにはしています。
今月改めて思ったのは「初回で大盛り」は選択しては駄目だということか。

スポンサード リンク

墨田区

竹末東京プレミアム(ラーメン屋)
中華そば800円 


飽きる程たべたものの、今でも鶏のスープにどうも魅了されているオイラです。

鶏のスープ舐めていた。豚万歳だったおいらとしてはここまで鶏にハマるとは思っていなかった。
鶏と醤油が見事な感じ。(他メニューも鶏出汁が基本スープだとは思いますが。)

ただそれでも醤油と鶏だと、蔦が最強ではあることは否定できない。
蔦は格が違う。ただ行列に並んで食べるのはつらいので1度しか食べた事は無い。

江東区


このメニューは、葱らーめん 860円。
太麺・煮干・醤油・のスープはそれなりとして、
玉葱大粒すぎて食いにくかった。
店内がスープの匂いでクサいのでラーメン出来上がるまでが辛い。
らーめん潤の玉ねぎ・・・大粒すぎ
並でも十分に満足度はありましたが大粒で熱が通っていない為、食べたくない玉葱が憎かったのでした。

豊島区


霜降り中華そば750円
店舗に入って店内が想像以上に狭いことに気づかされ、
ラーメンのチャーシューの厚みが見た目以上に分厚かったので、チャーシュー別個で頼まないでおいてよかったと思った(最初別個、注文するが悩んでいたため)。
見た目よりも満腹感はある。
今度は巣鴨側にある蔦の葉でラーメン食いたい程度のエリア。

台東区


初めてグルーポン利用で525円で試してみた。(醤油背脂らーめん(大盛)+選べるトッピング)
これは箸どうにかしろと思った。
せめて割り箸だったほうが食べやすいのに。
太麺チョイスするか、細麺の場合は大盛りにすることは避けておいた方が良かったのかもしれない。
味は悪くないのかもしれないのですが麺食べにくいのが残念。
箸を割り箸か、プラスチック箸なら先端加工したものにしろよと思う。
もしくは細麺なら大盛りはやめた方がいいと思う。
最近、握力には自信が無いが、それでもこれは普通基準で考えても食べにくいと感じた。

背脂らーめんということであれば、『らーめん潤』の方が旨かった。

足立区

牛骨などからダシを取った、「牛骨らぁ麺 マタドール」を食べてみたものの、
(食べた日は、祝日だったが前に6-7人くらいの外での列街だった)
牛系の出汁は初めてであるものの、
贅沢焼牛らぁ麺 1050円のローストビーフが大きすぎ+噛み切れない。口に入れたら筋が噛み切れなくて真剣に吐き出そうか迷った。
正直、ラーメン食ってここまでツライ思いをした記憶が無い。
むしろ自炊で牛肉(ステーキ状)作って食って安いオージービーフとかでたまに噛み切れなくて、ゴミ袋に出すことあるけども、
ローストビーフで噛み切れないとは思っていなかった。1枚のサイズが大きすぎて噛んでも筋があると飲み込めない。
口内環境が悪いオイラが悪いのですが、スープの熱が肉に通る前に、ローストビーフ先に食べておけばよかったと思った。
数口麺等、食べていたので色々と誤算が生まれた。
スープの印象としては、醤油にしたものの、全体的に鶏や豚とは異なる感じであるものの旨味を感じることができない期待はずれな気がした。(TRY受賞のある、『塩』の方が旨いのか?)これは謎。
食べ続けていると、スープは、牛の油感が口に残る。食後も口に牛脂感が残る。
もし今後食べる機械があれば贅沢の肉なしメニューで『塩』を食べて冷静に判断してみたいと思うのでした。


I/61ebnaCNdzL._SL500_.jpg” alt=”第16回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2015-2016 (1週間MOOK)” align=”right” border=”0″ />

第16回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2015-2016 (1週間MOOK)

「東京で一番旨いラーメンを決めよう!」とのコンセプトのもと、TOKYO1週間誌上で始まった、ラーメン業界最高の権威を誇る「Tokyo Ramen of the Year」、通称「TRY」も16年目。2015-2016年度の一番旨いラーメンはここで決まる。 審査員は今年もおなじみ、業界最強の、石神秀幸、大崎裕史、青木誠、斉藤光輝、レイラ、吉本匠將、山内直人の7人!

  • 出版社: 講談社
  • 発行日:2015-10-28
  • 第16回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2015-2016 (1週間MOOK)

    個人事業主の時代