オンラインゲームはカテゴリ的に別なものとおいた上で、アバターと空間だけで考えると、

(一番早い仮想空間はたしかソニーが提供していたものが1998年くらいにたしかなんという名前だったか忘れましたがありましたが・・。)

仮想空間SecondLife セカンドライフ をはじめ、

どんどんアバターサービスが増えている現状ですが、まだまだピークにはたっしていないんだーと思います。

スポンサード リンク

ハンゲームはもともとアバターサービスは提供していることで有名でしたが若年層ユーザーが多かったように思います。

コュニケーションの機能なども基本的なシステムは一通りありましたし。

yahooなどもアバターサービスは提供はしていたもののこれはプロフィールに表示させることができる程度のものでした。

楽天がいま提供しているアバターサービスも形だけのものです。

iスペースはゲームよりな印象をつよくうけてしまったのですが・・・。

ダレットワールドは・・・

アメーバピグはブログユーザーを取り込む形でサービス提供開始しましたが、コミュニケーションの機能はあるものの、ハンゲームと比較すると内容は大して変わらず。
MYスペースも アバターサービスを開始するようです。

ブログやSNSなどからの移行?と比較されたりする場合もあるようですが、全く別カテゴリだとおもいます。

内容・商業的にもまだまだどんな形のものが根付くのかも進化途中だとおもいます。

今は現存のweb・PC環境でスムーズに利用できるものが、際立っているような感じですが、

数年先にどうなるのかが興味心身です。