文字『wpxでブログ運用したい人向けの紹介。』
wpxでブログ運用したい人向けの紹介記事です。
エックスサーバー株式会社のサービスは、
「シックスコア」から
「エックスサーバー」
「wpx」と利用してきた当方が解説します。

社長ブログに抗議に行ける!

他の会社で社長ブログとかレンタルサーバー事業者では見かけたことが無い。
※あるのかもしれませんがそもそも知らない。
回答率ほぼ100%なので今のところ信頼感抜群。
※Amazonアソシエイトとか提携解除されたときもマジ**と思ったので、代表アドレスに抗議したのですが結局解除された。
※エックスサーバー系のa8解除は再契約でトントン。

wpxレンタルサーバー

  • 最新の高性能サーバーマシン&高速ネットワーク
  • 大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
  • リバースプロキシによるキャッシュなど、専用の高速システムを採用
  • 専用の管理ツールから簡単セットアップ
  • 過去14日間のデータの自動バックアップ機能
  • 独自ドメイン対応 & 1契約につき10個のWordPress運用が可能

wpXレンタルサーバー

  • ドメイン数が10個未満
  •  +

  • アクセス数も多くない場合。
  • さらにメール機能なども使いたい場合、
    この場合は、mixhostかエックスサーバーが検討に該当する。

エックスサーバーとmixhostとwpXで比較した場合、スペックに極端な差は実感できない。
むしろどういう利用条件でWordPressを運用しているのかの方がネックになる。

wpxクラウド

wpXクラウド
クラウド型のサービス。
基本スペックはwpXレンタルサーバーと同様ですが1ドメインしか利用できない事や、メール機能は無いことが特徴として挙げられる。

  • wpXクラウドは、500円(税込:540円)のプランから利用可能。
  • wpxレンタルサーバーと比較すると高いスペックまでプランアップが可能。
    最大月間2000万PV程度まで耐えれる仕様
  • ※wpXレンタルサーバーはプランアップが存在しない。

AWS導入するほどでもないかなレベルの人向け。
これ以上のスペック要求は、AWS導入する必要性が出てくる。
※クラウドフレア(CDN)運用すればもっと高いPVでもwpXで持ちこたえれるとは思いますが。

デメリットも有る

※高速表示
WPXとCDNなど色々と試していますが、THEMEとプラグインの相性。
都度のプラグインのバージョンなどで遅くなる時は遅い
Script系もTwitter埋め込みタグが表示されなくなるなど。
Themeなのかプラグインなのか時々様々な不調は出ることが有る。
利用環境と必ずしも抜群に動作する保証はない。

WordPressを運用している人それぞれで使っているプラグインやThemeが異なる為どのサービスが最も適しているのかは人によって異なる。
結局最後は自分で見比べないとどれが最適かは判定できない。

本気で運用する場合はAWSでKusanagi利用が良いと推測できる。

他サービスとの比較
  • MIXHOST
    mixhost
    期待値が高いサービスですが、本社がシンガポールなのでSOVA WPの二の舞ま可能性が高い事を危惧する。
    スペックはwpXよりも良い点も見られるが、信頼度では上回る事が出来ない。
  • AWSとにかく分かりにくい。
    KUSANAGI導入しようと考えてもコストが万円かかるハードル。
    プロ級になってから試したい。
  • Google plat formは、WordPressは対応していますが、Kusanagiに対応していない。