WordPressは記事の下書きデータなどが
リビジョンとして一時保存される。
これは少しの下書き⇒更新などの挙動でも記録が貯まっていく為
更新の必要が無い記事の下書きデータは削除する。
※リビジョンを削除しても、下書き保存しているものや、最新の投稿データは消えない。
保存データの古い分が削除されだけだ。
効果としては、データベースがスリムになる。

スポンサード リンク


サーバー環境

    利用環境は、

  • wpXクラウド
  • PHP ver7系
  • SSL化済み
  • 2016年10月13日時点

使うプラグイン

一括削除プラグインは、これ
Better Delete Revision
WordPressのリビジョンの一括削除プラグイン

Better Delete Revision
better-delete-revision-honnyaku
翻訳した図
WordPressのプラグインページ⇒https://wordpress.org/plugins/better-delete-revision/

インストールして有効化。

WordPress管理画面から Better Delete Revisionを検索した図

このプラグインは、現在更新されていないようなので、他のプラグインを使うことをお勧めします。
常にインストールしたままにしておかなければ問題ないとは思う。
現行のWordPressでも問題なく動作しています。
(ただしこの記事では、このプラグインで削除したため割愛)

使う方法

ツール⇒Delete Revision

ツール⇒ Delete post Revision

better-delete-revision-manager-1

Check Revision Posts Optimize Your Database
右側をクリックする

下にスクロールして

Optimize WordPress Database
これをクリックする
訳すとこういう画面

better-delete-revision-manager-2

クリックした後
 ↓

better-delete-revision-manager-3

削除される

サーバーとの兼ね合い

wpXクラウド固有かどうかは不明ですが、
WPXだと即管理画面には反映されない。
リビジョンする前
削除前は、↑この値。
リビジョン削除後
数時間後にはコントロールパネルに反映されていた。
遅くとも1日単位で更新されていると思う。

※もしも1日経過しても容量が変わっていない場合には
データベース内のゴミデータ削除もした方が良い。
これは別個プラグインが必要。