WordPressは動的にページを表示させるためにどうしても表示速度が遅い。

キャッシュ系プラグインを幾つか試してた見たものの、色々と難が有ったので、注意点をまとめておく。

スポンサード リンク

WordPress Super cash

キャッシュ生成の定番プラグイン。
Wordpress Super cashは記事単位でキャッシュのページを生成するタイプですが、表示速度は改善するのですが、同様に相性が悪いとエラーが致命的なものが出る。

  • サーバーとの相性が有る。サーバー側の設定などとの兼ね合いかもしれないがAという会社のaaaサーバーだと特に問題なくても別会社ののレンタルサーバーで試すと同一のプラグイン環境下でもエラーが出ることがある。
  • 普通に表示されているかと思いきや、TOPページが数回に一回のアクセス頻度で真っ白になる。
  • archiveページなどでめくっていると、稀にページが真っ白のページが出る。
  • コントロールが真っ白・または、サイトを表示しようとすると、エラーの表示と変なテキスト表示がされる。
  • FTPから、プラグイン停止か削除で、なんとかコンパネに入れたからいいものの、Wordpress Super cashのエラーは致命的すぎるので、焦る。

    安全:DB Cache Reloaded Fix

    お勧めなプラグインは、DB Cache Reloaded Fix だ。
    今名の所これを利用していて問題が発生したことは無い。
    Wordpress Super cash程劇的には改善しないですが若干の表示速度が改善はする。

    サーバー側

    エックスサーバー系のレンタルサーバーだと、PHP高速化設定というものが有るので、どんなものか試してみた。(サーバーコンパネで有効化クリックする程度)
    エックスサーバーでの例。

    1. DB Cache Reloaded Fix 使用済み
    2. PHP高速化設定(FastCGI化)
  • SIXCOREPHP高速化設定で、やや改善
  • エックスサーバー PHP高速化設定(FastCGI化)
  • ※さくらのスタンダートには、これっぽいのは無い。

    WordPress専用サービスの方が早い
    • 速度改善はプラグインで悩むくらいであれば、レンタルサーバーのサービスも別のプランを検討するのが楽かもしれない。
    • 最近ではクラウド型であったり、WordPressに特化したレンタルサーバーも日本国内では提供が始まってきた。

    • 他にも画像圧縮だとか、ウィジェット向けのキャッシュプラグインなどが存在しますが、1長1短で、手を焼いてしまう。
    1. wpXについて
    2. SOVA
    3. ninjyaPHP PHP Ninjaというwordpressが利用可能なサービスが気になったが。

    レンタルサーバーの比較(WordPress向け)
    2016年時点では、SovaWPか、wpXクラウドがお勧めです。
    レンタルサーバー型でないと駄目だという人にはXserverが鉄板。

    ブログ塾?ブログ コンサルタント?それらを利用するメリットはあるのか?