Sova WPとwpX(クラウドプラン)で比較してみた結果
どちらもWordPress専用のクラウドタイプのサービス。
メール機能はともに無。
2016年1月時点においては、月額費用の高ささえ考えなければSOVAに軍配上げたい。

スポンサード リンク

SOVAとWPXで表示が遅い原因

WordPress専用クラウドサーバー Sova WP
どっちもソーシャルボタンが付いていると思い。
関連記事やランキング記事かと疑っていたが
結局のところソーシャルブックマークのシェアボタンが表示の足かせ。
数字表オフにすればまだ改善するらしいが仕様がよくわからん。
アドセンスなどは基本非同期で掲載
PCアクセスで
ソーシャルブックマークボタンが有ると3秒~6秒
無だと 1秒台~2秒台程度。
デフォルトのwp THEMEだとどちらも表示速度は速い1秒未満のことも。
最初から関連記事などの表示がTHEMEに組み込まれている Stingerなどだと更に足引っ張っている感じがしなくもない。
SOVAだとW3TCなどのキャッシュプラグインが使えるのでこの点はカバーできるとは思いますが挙動は確認していない。

テンプレート利用すると遅くなる理由がネック

表示速度の速さについてはテンプレートが足を引っ張る。
THEMEに関しては、基本のWPのTHEMEでないと早い表示が不可能なのはCDN有り無しでも W3TCの有無でも極端な差は無かった。
独自で容易したテンプレートでは、表示速度がどうしても3秒台~6秒台になる。(賢威・STINGER・Simplicity等)
これらはソーシャルブックマークの動機OFFにして、
関連記事や人気記事のタグを削って自前で固定化するなど動的なタグ削る以外にはどうしようもない。
カスタマイズ試そうとしたのですが基本THEMEのが楽すぎてなんとも言えない感じがする。

さくらインターネットもクラウド型のサービス始めるっぽいのでそっちも試してみるとするか。

WordPress専用クラウドサーバー Sova WPの特徴

    WordPress専用クラウドサーバー Sova WP
    WordPress 専用クラウドサーバー Sova WP
    https導入するならSova一択。

  • 月額1980円のプランなら国内CDN使える。
  • 月額9800円のプランなら国内・海外CDN使える。https設置初回無料
  • デメリットは月額が高めというところだろうか。
    30万PV目安だと、wpXだと500円のプランなので…

sova
無料プランもありますが1万PV目安なので割愛。
制限も多いので、スペックそのもの確認したくても無理がある。

wpX

    メリットは、

  • 最上位プランで月間2500万PV想定のプランが容易されている事。
  • データベースのダウンロードとかしやすい
  • ことなのですが
    デメリットとして
    サポートがだめだめすぎる。
    エックスサーバー株式会社ちょっと最近イマイチな気がしてならない。

エックスサーバー株式会社は株式会社ベットの時から利用しているので、嫌いじゃないのですがなんか抜きんでない。
wpXで、CDNをクラウドフレア使うとたまに変なことになってまいる。(この点でもSOVAは自前CDNが有るので優勢)
wpXと、クラウドフレアの有料プラン使うとしたら結局SOVAと月額費用同水準になるだろうし。
ただしエックスサーバー株式会社は、他の日本国内のレンタルサーバーなどよりもマシといったところか。(お**.comといった会社とかイマイチ意味不明すぎる)
wpXもエックスサーバーもSOVAも使っていますが、うーん。
エックスサーバーちょっと残念である。外資には勝てないサービス内容な感じ。
さくらインターネットの反撃も気になるところでした。