WPXがどの程度の早さなのかが問い合わせてもイマイチ解らず、お試し版試して 実感してみてくださいという感じの回答だったので、判断しかねていたのですが、試に試してみた。

スポンサード リンク

先に結論を言うと、

  • xserverから(或いはこれ未満のサーバーサービスから)、WPXにドメイン単位で移すのは有りかもしれない(状況による)
  • sixcoreの人はそのままでも問題ない(トラフィックが増大の場合は選択肢がCDN導入か、WPXクラウド型かの選択が考えられる)
  • サイトのトラフィックと、WordPressを利用していた従来のディレクトリやサイトの構成によって、WPXの導入が適しているかどうかというのは変わってくる。
    万人に進めれるということ無くて一度、自信のサイト構成と照らし合わせて吟味が必要。

    現状

    現在の名称がエックスサーバー株式会社のサーバー。

  • Sixcore
  • XSERVER
  • 共に利用している。
    ただし、Sixcoreでスペックに不満は無い物の、表示速度がキャッシャ系プラグインを用いても2秒未満に改善しにくい。
    クラウドフレア用いると1秒未満で表示できたので、まぁ無理ではないのですが外部キャッシュなのでこの点がちょっとネック。
    XSERVERにはスペックは期待してないもののサイト整理も含めて検討。
    wpxのクラウド型はドメイン1個しか設定できない(お試し期間だから?)。
    サーバー型は10個設定可能。
    お試しなので「クラウド型」で試してみた。

    試した感じ

  • WordPressは簡単インストールのようなもので、コンパネからしかインストールは出来ない。(通常のFTPでアップロードしてMYSQLでの個別設定が必要ない)
  • ログインパスワードは、管理画面でインストール時に設定される。(ランダム英数字 IDだけ任意で設定可能)
  • WordPressは1ドメイン1個しか設置不可能。(MYSQLの設定が出来ない仕様なので、縛りになっている。)
  • サブドメインの設置の場合どのようになるのかは不明。(マルチサイトが設置できるかどうも未確認)
  • プラグインやThemeは別箇FTPでアップロードが必要。wpの管理画面から追加でも可。
  • この辺りは、一長一短という感じがしなくもない。
    これらの特徴があるので、お試し期間での吟味は必要だろう。

    特徴

    wpx-ftoinfo_mini

  • FTPが、コンテンツディレクトリ以下にしかアクセスできない。
  • ドメインのルート直下に、wordpress以外のディレクトリを作成したりすることが不可能。
    画像フォルダなどを別箇で作成していた人は難。
    ディレクトリサイト型のマルチサイトがどうなっているのかは不明(未確認)
    サブドメイン型のマルチサイトが作成可能かどうかも謎。

  • プラグインにキャッシュ系統のWPX専用のものが有る。
    設定に関するヘルプが↓
    http://www.wpx.ne.jp/server/manual/wordpress_setting_cache.php
  • 比較

    同一プラグイン、同一Theme 同一の生地コンテンツで速度比較をしてみた図。(ドメインのみ異なる。中身だけ同じ状態)
    さくらのスタンダートに突っ込んでいたドメインの内容がこれ↓。

    001-Latest Performance Report for  GTmetrix_

    WPXだとこんなかんじ↓。

    002-Latest Performance Report for GTmetrix_

    まぁ自分で、キャッシュ系プラグイン無しでこの程度の速度が出る。

    比較的早い。

    測定比較
    測定比較

    (キャッシュ系プラグイン無し)

    さくらスタンダートよりは、当然早い。

    sixcore+クラウドフレアとの比較でもwpxでも速さはそれなりに良い感はする。
    ただWpxでもプラグイン全く0だとかなり早いがプラグインを突っ込むと普通に遅くなる。
    表示タイミングによってはやはりCDN利用サイトの方が安定して表示速度は早い。
    wpxは、ややばらつきがある。
    この結果としては、sixcoreとwpxではどちらが優位かは差が感じられない。

    WPXの欠点

  • ドメイン直下に別フォルダ作成が出来ない。wp-content/以下にしかFTPでアップロードできない。
  • ディレクトリがwp-content/以下しかいじれない。
  • .htaccessが、serverの管理画面からしか編集できない。
  • 自己判断で、キャッシュ系プラグインを用いると大変なことになる。
  • 用途によっては致命的に痛い。
    というよりも、WPXの独自の癖が強すぎる。

    結論

    同等規模のサイトで同一プラグインで比較してみたところ
    xservern=sixcore< wpx と表示速度は確かにwpxが速い。
    普通にwordpressを利用したい場合は、xserverか、sixcoreで良いということになる。
    WPXは単一のWordPressで、自信でキャッシュプラグインは他に使わない場合は有りだろう。
    CDNとの併用はどちらに軍配が上がるかは未知数ですが。

    今のところ、「wpx」が突出して sixcoreから乗り換えする必要性は感じられなかった。
    万一、PV数が高すぎてクラウド型に乗り換えるのは選択肢としてはありかもしれないですが、この場合はCDNを利用するのも選択としては有る。

  • ドメイン数が11個未満であれば、wpXレンタルサーバーでWordPressを利用するよりは良いかもしれない。
  • xserverはドメイン数大量に設置できるけど、wpxは10個が最大なので、この辺りは用途に応じる。
  • sixcoreとの対比は判断が難しい。(セキュリティーの機能などはsixcoreのが有利っぽい?)
  • sixcoreがドメイン5個制限なのに対して、WPXは、ドメイン10個で月額1200円程度なのでお得。
  • W3 Total Cache」が使えない様子なので、CDNいじる場合には専用のプラグイン用いることになるのかどうかでもsixcoreか、WPX使うかはわかれそう。
  • サーバータイプか、クラウドタイプかは、「クラウド」は1プランで1ドメインなのでトラフィックが有る程度あるドメインなら良いのかもしれないですが判断に困る。
  • あと思うのは、やはりWordPressで作ったサイトと、ムーバブルタイプで作ったサイトの比較だと明らかにムーバブルタイプの方が元々表示速度は速いので、悩ましい所。MTも投稿時の再構築が楽であれば、良いとは思うのだが4→5でも大差ないようなのでCMSは悩みどころですな。

    自分でキャッシュ系プラグインを用いる場合はWPXは適さないと思う。

    当方は別ドメインでwpxとクラウドフレアで運用していますが、クラウドフレアできちんと設定すれば今のところCDN併用は問題ないです。
    コメントたくさんあります記事下。

    ※追記:2015/02/26 5:55
    掲載情報は投稿した日のものです。 公開日時: 2013年6月9日 @ 3:56
    現在のサーバーの設定や動作などは保障できるものでは御座いません。
    その後仕様が変わって、上位ディレクトリ(ルート直下)にアクセスできたり、仕様が変わっているオプションがあることは確認しましたが、当時は無かっった気がします。(仕様変更によるものなのかは公式リリース情報見ていなかったので、気づきませんでした。)

    レンタルサーバーの比較(WordPress向け)