ネット通販の楽天市場で行われていたやらせとうこうの業者に2億円の損害賠償請求という訴訟が起きているらしい。

「楽天市場」で11万件やらせ投稿 表示順位を操作? 請負業者を提訴

2015.3.21 02:00

「楽天市場」で11万件やらせ投稿 表示順位を操作? 請負業者を提訴 インターネット通販大手「楽天市場」で商品を検索すると、好意的な口コミの多い店舗が優先的に表示されるといわれる機能を悪用し、出店者が業者に好意的な「やらせ投稿」をさせていた疑いがあることが20日、分かった。
http://www.sankei.com/west/news/150321/wst1503210019-n1.html

これによると、
「楽天市場(運営)」と、「出店店舗」と『外部の業者』がいて
店舗が楽天市場内で上位に表示させることに対して
「外部業者 」がサクラレビューや評価をすることで意図的に操作したことで
楽天市場は店舗にたいして提携解除をしないといけないために
楽天市場が業者に対して『約2億円の損害賠償を求める訴訟』とのこと。

訴訟の理由

訴えられたのは大阪市北区のシステム開発会社「ディーシーエイト」。という会社らしいのですが争う姿勢とのこと。
なんというか楽天の損害云々はともかくとして、店舗の被害もどうなのよと思うところではある。
楽天市場が今回訴訟に至ったのも、同様の業者を駆逐したい思いがあるのだろうなと思う。
食べログでもこの手の業者の行動は以前から度々問題になるし、
ブラックハットなSEO業者の活動も下火になりつつも今後この手の流れというのが減るかどうかは微妙な問題に思う。
食べログから削除してという訴訟⇒敗訴(大阪のバー)