楽天Edyのロゴ小さいサイズ楽天Edyがどういう物なのかということと使い方について紹介します。
楽天Edyはカードタイプと、アプリタイプのものが存在している。

楽天Edyのカード
カードタイプのもの

ジャンル分けするとキャッシュレス決済サービスの一つで電子マネーだ。
類似だと、Tカードやdポイントカードなどと近いサービスだと考えても良い。
単に電子マネーだとAmazonギフトカードも電子マネー。
h2>楽天Edyとは

楽天Edyは、楽天市場が提供しているサービス。
楽天ポイントから楽天Edyに交換できる特徴がある。
管理画面は、楽天市場のポイント管理画面に楽天Edyへのリンクが掲載されている。
基本楽天内で手続きなどは行える。

楽天Edyの入手

楽天Edyのロゴ
楽天Edyのロゴ

https://edy.rakuten.co.jp/my/edylp
楽天EdyのロゴのついたEdyカードをお持ちの方
アプリタイプのものもある。

楽天Edyにチャージ

事前にすること。
Webサイトから手続き
楽天ポイントを楽天Edyに交換するのに数日かかるし、
ファミポートで受取手続き
ファミリーマートで手続きしないといけないことで
二重三重と手間がかかる。
非常に面倒なサービス。(代価のUSB機器があるようですがそれも面倒)
時代錯誤
楽天Edyの仕組みは、
無線LANカード外付けでネットにつないでいた時代ならまだしも
スマホとノートPCだけでネット接続できる時代にこの煩わしさは非常に使えない。
(スマホ単体でもWeb接続はできますけど、閲覧に不便があったり動画編集とか高度な作業には不向きなので)

楽天Edyはこんな人向け

楽天ポイントが大量にあまっていて楽天市場で使い道が無い人向けですが最大25000pしか1カ月で使えない為高額な利用は楽天Payと併用すべきだろう。
この場合でも楽天Payの方が用途として伸びしろが大きい為楽天Edyが必ずしも優れているわけではない。
どうしても使い勝手で楽天Edyは後回しになる。

手元に楽天Edyがあって、どう使えばいいか迷う人用くらいであり進んで手に入れるメリット無いだろう。
牛丼チェーン店で使えるデジタル決済サービス

楽天Edyを使い方

吉野家にて
使ったものはカードタイプの物。
事前チャージが面倒くさかった。
以前使ったのは1年近く前にマクドナルドで使い50P半端に余っていた。
今回チャージ分 500×2で合計1050円分
Yahoo!Japanとポイント

楽天Edy使用でポイント

吉野家の支払いに関して
Tカード提示でTポイントが貯まる。200円にたいして1P

楽天Edyのデメリット

カード型は交通系カード(Suica・Pasumo)が、優位かな。

正直財布がパンパンになる不便さが大きく
スマホ決済と比較するとデメリットが気になる。
なおかつ楽天Edyは、楽天銀行からのチャージは相性がよいが、他行の銀行系からのチャージもわかりにくく、スムーズさがまったくない。

楽天Edyキャンペーンによる還元はマイナス印象ばかり

キャンペーンは、抽選でポイントが当たるかもという、楽天市場っぽいケチ臭い抽選式の還元しか行われていない。

ポイント還元の恩恵も小さくPayサービスと比較しても見劣りする点が大きい。

まとめ
  • 楽天Edyはチャージが面倒くさいこと。
  • QRコード決済やコード決済の方が還元額が多い事。
  • 楽天Edyら対して楽天Payの存在会って同一のグループ会社で市場を食い合っていることもマイナス要素。多分子会社は別なんでしょうけど。

2019年9月時点で楽天Edyをお勧めできる要素は見つからなかった。
メルペイ今なら1000円分のポイントが、もらえる。 招待コード UYXTSY