スポンサード リンク

「格安SIM」「格安スマホ」などの名称に詳しい人なら、「Y!mobile」「UQ mobile」違いはすぐに分かるだろう。
しかしながらSIMサービスは各社が販売しており、その数は年々増え続けてきたためサービス名が分かりにくさは既存の携帯電話キャリアの比ではない。
このため、大手キャリアのサブブランドであるY!mobileかUQ mobileを利用することで大手キャリアよりも安価の月額料金でスマートフォンが利用できることを知っておくべきだろう。

ソフトバンク⇒「Y!mobile」
au ⇒「UQ mobile」

スポンサード リンク

Y!mobileとは

ソフトバンクが吸収したウィルコムやEモバイルを含めた旧形体キャリアを基盤とした組織
ウィルコムの070(PHS)の番号などを引き継いでスマートフォンの利用が可能な会社だ。
スマートフォンキャリアのソフトバンクの料金よりも安い設定から利用が可能。
既存キャリアのように店頭で説明が受けれる点で、格安SIMよりも利便性は高い。
ただし旧ウィルコムや旧イー・モバイルなどの店舗があったShopが基盤であることから大手3キャリアと比較すると店舗数は少な目。

Y!mobile料金形態

スマホプランS 1GB 2980円
スマホプランM 2GB 3980円
スマホプランL 5GB 5980円

試した感想

自宅にインターネット回線が有り、自宅はWI-FIを使ってスマートフォンのアップデートや更新をすることでデータ容量は抑えられる。
外出する頻度が少なければ、そもそもスマートフォンのデータ容量はあまり食わない。
外でネット接続するときには、なるべき無料のwi-fiを利用することで月額の必要データを気にすることは回避できる。※デメリットとして無料Wi-Fiは回線速度が重すぎることがネックではある。

UQ mobileとは

これはUQ WiMAXを展開しているKDDI傘下のUQコミュニケーションズのサービス

UQ mobileの料金形態

 2GB 1980円
※14か月目から25カ月目は2GBで2980円

他の格安SIMサービス

SIMサービスに特化している所は料金だけは破格だ。
しかし、店頭サポートが無い為メールか電話で問い合わせするしかないことからスマートフォンに詳しくない人には不向き。

格安SIMサービスのメリット

  • 通信費用は最も安価に月額利用が可能
  • 通話とデータ通信か、データ通信のみかを選択可能。

格安SIMサービスのデメリット

  • SIMの差し込みなど交換する知識が必要。
  • 解約時のトラブルがあると対応がずるずるになりがち。
  • 端末のサービスもSIMサービスごとに異なる。(動作保証調べる手間がかかる)

通販時間帯などのネットワークが混雑しやすい時間帯はキャリアが回線を優先するため
格安SIM利用者は回線速度が遅くなるとも言われるサービスも存在している。

  • 格安SIM基本料金¥0キャンペーン実施中!DMM mobile[SIMフリー]
  • 格安SIM選びなら 最大30カ月無料!?mineo(マイネオ)でスマホ代を安く!
  • 文字『「Y!mobile」「UQ mobile」違いは?』