麺処なんでやねんというラーメン屋さんについて

東京都墨田区曳舟駅近くのラーメン店麺処なんでやねんというラーメン屋さん。
依然(2005年ごろ)は黒船というラーメン屋だった筈の店舗に入っているラーメン屋。

メニュー

ラーメンメニューは、
醤油・塩・味噌・辛味噌・つけ麺というラインナップで営業している。
テーブル席と座席があり、食券を購入して注文する形の店舗だ。

営業時間

  • 11時~24時ごろまで営業している。(閉店時間はマチマチ。)
  • 定休日無し。
  • 時期によって休みの日や開店時間が微妙にずれている。
  • 行ったら閉店していたとかざらにある。

休みが頻発で起きている。

最近突発の休みがまた多くなった。
今週月・火曜日も行ったら突然休みで閉まっていたが、
2016/10/28 15:20  営業時間中のはずなのにしまっている。明かりはついている。OPENという看板なのに鍵がかかっている。
2016/10/28 15:50頃 2016/10/28 15:20  営業時間中のはずなのにしまっている。明かりはついている。OPENという看板なのに鍵がかかっている。
張り紙などはってないのだが、どうなっているんだこの店。
なんか一時のころように使い勝手がまた悪くなってきた印象。
店員不足なのかは不明ですが、不信感は強い。

地図・場所

関連しそうなタグ:ラーメン屋, 東京都墨田区ラーメン,


ガッカリしたラーメン 麺処なんでやねんのネギトッピング

ラーメン 食品
麺処なんでやねんのネギトッピング 2017年7月時点

ガッカリしたラーメン 麺処なんでやねんのネギトッピングだ。 従来は長ネギの白髪ねぎだったものが 完全に青ネギになっていた。 一応、世の中に様々存在するラーメンの中で 青ネギをラーメンに入れるのは良いとしても 適当なざく切りの青ネギで鮮度もいまいちに感じられるもので有る事。 大量の青ネギではスープと合っていないので青ネギへの仕様変更は頂けない物だ。 どう考えても店内の手間とコスト削減にしか思えない。 長ネギ(シラガネギ)をやめたことは、諸刃で個々の店舗の魅力が皆無になった。

麺処なんでやねん 醤油麺600円 2017年1月の価格

ラーメン 食品
麺処なんでやねん 醤油麺600円

東京都墨田区曳舟駅近くのラーメン屋、麺処なんでやねん 2017年1月現在麺類の価格は、 「醤油麺600円」 「塩麺650円」 「味噌麺650円」 だったと思う。 4年くらい前までは、もともと600円だったと思うのですが 消費税増税あたりのときに原料費高騰化か何かで750円に値上げしたことから 昨年12月辺りから値下げしたのは、ちょっと価格が安くなるのは嬉しいのですが 値上げ価格はなんだったのだろうかと疑問視してしまう。

麺処なんでやねん味噌麺750円東京都墨田区のラーメン屋

ラーメン 食品
麺処なんでやねんの味噌麺750円

東京都墨田区にあるラーメン屋 麺処なんでやねんで味噌麺750円を食べた感想など。 依然食べたのが3-4年前だったのですが以前はもっとスープがどろっとしていた記憶があるのですが 今回は醤油ラーメンなどのスープに味噌が混ざっているかの程度でどろっと感は弱い。 (醤油についで塩は割と注文することはある。)

半チャーハン(麺処なんでやねん)【ラーメン屋にて】|東京都墨田区曳舟駅近くのラーメン屋

食品

麺処なんでやねんで昼間時間帯にラーメン注文すると、ついてくる半チャーハン。(他は半チャーシュー丼か半ライスが選択可能。) ラーメン屋 麺所なんでやねん 最寄り駅:東武線曳舟駅(墨田区) ラーメンと半ライス食べるとお腹一杯・・・

ページの先頭へ