高齢者について

高齢者とは、65歳以上の年齢の事。英語:senior citizen
日本では定年退職の年齢は最低下限が60歳に設定されており
高齢者=定年退職する世代だと言える。
※この年齢以上でも現役で働き続ける人も居ますが大抵は自営業などが多い。

超高齢化社会

21世紀の日本は、アジアでも稀有の超高齢化社会に突入している。
少子化も相まって高齢者の医療費や年金の支払いの問題が顕著化している。
更に老人がキレて引き起こすトラブルも増加。
介護の問題も働き手が居ないことと、労働環境のブラックなありようから暗黒時代だともいえる。

若い世代に伸し掛かる負担

高度経済成長に代表されるように戦後の日本の子育てブームが2000年代になってから高齢者人口増の問題を引き起こしている。
海外の先進国でも同様の問題は見受けられるが日本ではまともな対策が取られていない。
孤独死・高齢者の生活保護受給・介護費用の増加・健康保険の増大など、様々な問題が挙げられている。
これらのほとんどが直接関わり合いがない子供・若者世帯に税金という名目で負担がのしかかっており
そのことでさらに少子化に拍車がかかっていると言わざるを得ない状態だ。

切れやすい高齢者が増えた理由

切れやすい高齢者が増えた理由について。 キレルという言葉は若者特有の症状として認識されてきましたが、 超高齢化社会を迎えて老人たちのキレル現象がたびたびニュース報道を飾るようになってきた。 この原因について

働いても貧困な若者の格差と高齢者増加

2016年現在の日本では格差は拡大している。 1990年代から続く長引く不況。 自民党は非正規雇用の拡大+派遣の増加を推し進め 大企業のみ優遇する政策でなんとか運営してきたかのようですが 財政は圧迫されて結構ピンチなことが問題視されている。

敬老の日

生活

敬老の日は日本の祝日の1つです。9月の第3月曜日と定められています。 2015年の場合は9月21日でした。 老人を大切にしようという考えから定められたとしよりの日が由来だということで様々な経緯を得て今に至ります。

健康食品販売で狙われる高齢者 効果嘘「神薙(かんなぎ)」販売の「I&Oファシリティーズ」

健康

健康食品の販売で対象に狙われているのが高齢者で販売されていものが効果は嘘だというのだから呆れる事象だ。 ただこれも引っかかる方が悪いというものでもなく、 高齢者を狙ってしつこく販売が行われていたりするようなので厄介な事例・・・

ページの先頭へ