日本で主として見られるコスプレは漫画・アニメゲームキャラクターの格好をする行為のことを主にさす。
基本的には、コミックマーケットや中小の各種同人誌即売回などの会場などでの開催が主たるイベントだったものだ。
最近では地方の町おこしにコスプレやアニメが採用される事例も多く見かけるようになってきた上に
自民党がクールジャパンといった名目で
アニメや漫画といったコンテンツ産業をかつごうとしている点でも進捗は勢いづいている。(普通に考えたら悪いイメージに加速される)
反対に2012年ごろの東京都の漫画の発行に関する規制などでも度々注目はされますが、
1980年代~1990年代よりもアニメや漫画作品への風当たりは弱くなっていたり、
一般のアニメに関心が無い人への理解度は偏見で塗り固められたものよりも、柔軟になってきた印象は大きい。

コスプレ&コスチューム

1000コスプレ&コスチュームアイデア
1000コスプレ&コスチュームアイデア

  • メーカー: ヤヤ・ハン,アリソン・デブラシオ (グリム夫人),ジョーイ・マルゾッキ(ドクター・グリム)
  • 出版社: グラフィック社
  • 発行日:2015-06-05
  • 1000コスプレ&コスチュームアイデア

    漫画やアニメの普及コスプレ文化の普及や認知も大きいサブカルの面は見逃せない。

    社会の大衆文化とサブカルとしての意味の不一致

    バニー萌え♪フォトブックVol.1
    バニー萌え♪フォトブックVol.1
    綺麗なバニー図鑑Vol.1 Kindle版
    風俗産業で用いられるコスプレはここでは割愛する。
    (バニーガール等の格好などでは風俗産業の方が衣装を着用するという歴史は長い可能性があります)。
    バニーガール姿というのは日本では見かけない衣装のイメージですが、いったいどこで採用されているのでしょうね。

    キャンペーンガールなどの服装も普段着とは考え付かないデザインであることから
    あれらもある種コスプレだとは言えると思います。
    パチンコ店などでもホールスタッフは、
    変なデザインの制服を取り入れる傾向が目立つ。
    最近の日本の『衣装』はちょっと路線がアニメ・漫画・アダルトゲームなどと、アイドルジャンルまでが全てごっちゃになっている感じが痛々しい。

    元々服装に変なこだわりが

    元々日本の和服には、空手着、柔道、剣道、弓道など形から入る物が多い。
    着用するものや防具なども形から入ることが多い。
    ふともも写真館 制服写真部 ~夏~

    ふともも写真館 制服写真部 ~夏~

    制服文化の背景。
    中学校と高校においては制服の着用を義務付けている学校が過半数だ。
    地方や学校によっては小学校や幼稚園などから制服があったり高校でも私服の格好の学校も存在はしているが。
    なにかと場に即した格好を好む趣向か文化が存在している。
    サラリーマンなども万年スーツ姿のイメージだったりOLなども型にはまった格好だったりで会社などでラフな格好が意外と浸透が少ないのもやや不気味さが感じられる。
    服装で棲み分けする文化は日本の場合とにかく濃いと感じることが多い。

    その他の制服とコスプレ

    【Lumiere】ルミエール ナース 看護師用 女性用 白衣 診察衣 ワンピース (861336) 【S,M,L,LL,3L,4L,5L,6Lサイズ展開】
    【Lumiere】ルミエール ナース 看護師用 女性用 白衣 診察衣 ワンピース (861336) 【S,M,L,LL,3L,4L,5L,6Lサイズ展開】

    学校の制服以外にも、メイド服やナース服チャイナドレスなどが、ドンキホーテのコスプレ売り場で販売されていたりする程度に需要があるのやもしれない。
    ただしこれらの用途は宴会などの場のジョークグッズとしての利用用途でありアニメやゲーム、漫画キャラクターなどのコスプレとは異なる。
    日本で中華料理屋でチャイナ服を着用するようなお店や客等は草々見かけることもない。
    メイドカフェも秋原に代表されるようなもはエンタメショー的な何かなので外来のメイドとも大きく異なる文化だったりする。

    職業コスプレ。

    軍事コスプレや警察官のコスプレの模倣をするものも居る。このことで違法な行為に使うというものではなく、目的用途が撮影だったりetcな目的で利用されることが多いのも奇妙な事例だったりする。
    どちらかというマイナーなジャンルでミリタリーオタクなどとも若干異なる。
    メイドという文化は日本でなく欧州の文化であり、日本の場合では家政婦さんなどになってしまう。
    日本でメジャーな衣装として巫女服でしょうけれどもこれも神社の巫女がアルバイトで雇われている学生などが主流で、毎日勤めている巫女がいるような神社が稀だったりする。
    ナース服もコスプレとして用いられやすいのですが、ネットショップが普及したことで、一般人でも気軽にワークショップからナース服を購入できたりするので、物芽ずらしさは薄れている。
    巫女服は、コスプレじゃなく本物志向で探してみた

    転用
    各種既存の制服の既製品をアニメようの作品コスプレに改造するのに用いたりパターン(型)の参考に扱う事でも既製品は色々と使様用途は高い。
    学生服やナース服など機能性が特徴がある製品ほど、一般で販売されている衣類の布事とはことなり特殊な化学繊維を使っている点でも特徴が際立っている。

  • 学生の制服のブランドとクオリティーの差について
  • イベント会場は増加

    あの花 本間芽衣子 めんま あの日 見た花 の名前を僕達はまだ知らない コスプレ 衣装 女性 L サイズ
    あの花 本間芽衣子 めんま あの日 見た花 の名前を僕達はまだ知らない コスプレ 衣装 女性 L サイズ

    アニメやゲームコスプレの一般人への認識が普及・浸透したことからか、
    イベント地などでコスプレの撮影会が開催されている場所は結構各地で見つけることができる。
    しかしこの反面撮影者のマナーやトラブルが発生したりもしているので
    今後コスプレというジャンルがどこまで波及していくのかは未知数だ。
    一般的にはアニメを見ないひとは、小学生くらいから高校生までにまったくアニメに触れないと、大人になってからアニメに関心を持つ機械が無いため、現代人でもアニメにまったく関心が無い人も一定数いる。

    これは野球やサッカーに興味を持たない人が一定数いることであり、
    サブカルとされる、アニメや漫画も大衆文化として、国民に広く普及させる産業としては弱い気がする。

    お勧め記事