制服文化が日本人は好きな様子。郷に入っては郷に従え ということか、制服を着用しないとその組織には加入させてくれない文化の日本だ。
制服文化が好きな理由としては社会的な面が強いのだろう。

赤色プリーツスカート制服姿前側

制服を学生に着用させるという文化に関してですが、これには良い面と悪い面が存在する。

学生服は学生全てが着用するものではない

  • 小学校は割りと私服な学校が都市部では多いが(地方だと小学校も制服着用が多い:所得の格差を隠すためとかetc)、制服に対する取り決めは公立はある程度、国もとい地方自治体の管理でなのか教育委員会の方針でなのか中高は制服は必ず着用の学校ばかりだ。
  • 私立に関しては多少学校により差異があり制服着用だったり私服でOKな学校だったり自由制服なところもあったりで多用だ。
  • 教育の一環として制服が採用されている事や労働の場でも、スーツ着用で統率を図ったり協調性を取ろうとするのはやや堅苦しい面があったり時代のニーズにそぐわない面があることは割りと無視される。当然自由な発想は駆逐されやすい。

公立・私立や学校ごとに制服着用が当たり前ではなくなってきていることからも
ほころびがある事は伺えることであり、100年後に学生服というジャンルが残っているかというのは、確固たる物では無いとも思う。

制服着用のメリットがあることは理解できる

学校教育の場において、教育者の観点から、制服を着用させていたほうが、生徒を把握しやすいことや、学校外での帰宅などのトラブルなどの対応でメリットが働く部分や自制させる事も優位に働く点なのだろうとも思う。しかしこのあたりは最近ではtwitterやfacebookなどのバカッターなどの事例から考えると首を絞めている生徒が多いのも笑える社会現象である。

独自性は摘み取る文化

独創性が育ちにくい日本の文化であり、反面いじめなどの問題も何十年も変わらず放置している日本の教育の舞台である。
制服文化の反動で例えば上履きなど共通のアイテムをどの生徒でも採用することで盗難などがあっても犯人を発見しにくい面でも割とマイナスに働く要素だったりもする。いじめなどで隠されたり破棄されてもそれを発見したひとが誰の物か分かりにくい点でもいじめを増徴させやい感じがする。
間違えて他人のものを着用してもきずきにくいという点でも皆が皆一緒の衣類というのはデメリットが発生しやすい。
クラス内カーストという単語がでてきたりしているが、ひとまず制服文化もそろそろ改めないか?という感じがする。
軍隊や警察が制服を採用しているのはまだ理解できるしファーストフード店店員が制服を規定の物を着用しないといけないことは容易に理解できる。しかし、学校生活においてまで、格好だけが一緒でも中身はドロドロに染まっている学校とか割と不気味で、こんなことを社会でも行う日本は本当キモチワルイと感じる面でもある。日本人は制服文化以前にもっと根本的なところを改善しないとろくな文化は育たないと思う。

学生服。

漫画・アニメ、ゲームなどで中学高校生キャラクターが多いからなのだろうか。学生服は眼に摩る機会は多い。日本の駅でも普通に学生服姿の学生を眼にする事はできる。
スーツ姿のサラリーマンは都市部には普通に存在するが、地方の田舎だと割りと珍しかったりするが、学生服姿の子供の分布はわりと日本中で見かけることができる。

  • 制服 >制服のスカートの構図
  • ブレザーとスカート

    ブレザーにスカートという服装が主流。タイはリボンタイやネクタイ。男子はブレザーと長ズボン。
    セーラー服を採用している学校は年々減少にある。これは最近のセーラー服が横開きタイプが多いために、着替えるのが面倒だと言う事が大きいのかもしれない。セーラー服に対する男子の服装は詰襟が主。

    ボレロとワンピース型

    ボレロとベストとプリーツスカートがくっついたワンピース(ジャンパースカート)
    もしくはワンピース型の女子学生制服
    y■送料無料■a■東星学園小学校■女子学生制服 夏・冬ボレロタイプ■3点

    会社員も制服

    会社でも制服を用意している所も存在する。
    一般的には店舗型のサービス業が作業服として制服を用いる事例は当たり前に多いのですが
    例としては、飲食店・ガソリンスタンド・引っ越し業者・郵便局員・コンビニなどの小売店 他、
    銀行や事務員、などでも既定の制服を定めてい会社も多い。
    毎日勝負服 銀行・不動産業で制服導入が増えている?
    企業で制服を採用するときは、好景気な時ほど制服採用がすすむ傾向がある模様。
    反対に不景気だと制服廃止になる。

    お勧めタグ記事
    女子高校生の制服姿