ラーメン屋 Ramen-ya (Ramen shop)についての紹介です。

ラーメン屋は日本の主要な駅の近隣ではよくみかける事が出来る飲食店です。
ラーメンや中華そば以外にも、チャーハンやチャーシュー丼などの飯類も販売している店舗が多い。
大抵ドリンクには、ビール以外にも焼酎なども提供しているお店も有る。

ラーメン屋のラーメン

ラーメン屋ごとのラーメンの違いについて。
スープの違いは出汁とタレに各々の作り方の違いが存在する。
トッピングも各店舗取り扱っている食材や調理方法が様々な料理がラーメンだ。

メニュー

メニューは、醤油・塩・味噌・つけ麺などが一般的。
とんこつや、鶏がらと豚骨など細かなバリエーションが増えているため
『スープ』だけでは、こういう味とは区別しにくいのが現状だ。
「とんこつラーメン」を謳ったラーメン屋で出されるのは豚骨を使ったラーメンですが、
家系ラーメンなど豚骨出汁と鶏がらなどを用いているラーメン(タレに醤油など)があるので
スープだけでも出汁だけでは線引きは難しい。

名称

「ラーメン」と「中華そば」と「醤油そば」などの呼称の違いは特に区別はなく店主の考え程度だろう。中華そばという名前だからと言って中国系の人が製造していたり販売しているものでもない。支那そばからの由来の名のごりだろう。

価格

都内のラーメン屋の価格は600円代~900円程度までが主流。メニューや量・具のトッピングの量などで価格が異なる。
トッピングが多いラーメンだと1000円をこえる物も存在する。

ラーメンの具

メンマ・海苔・葱(青葱・長ネギ・玉ねぎ等)、種類によっては、ワカメやコーン・ナルト等。
チャーシューの種類も、鶏・豚・牛など様々なものが使われることが多い。

竹末東京プレミアムという東京都墨田区押上駅近くのラーメン屋について

麺処なんでやねん 醤油麺600円 2017年1月の価格

ラーメン 食品
麺処なんでやねん 醤油麺600円

東京都墨田区曳舟駅近くのラーメン屋、麺処なんでやねん 2017年1月現在麺類の価格は、 「醤油麺600円」 「塩麺650円」 「味噌麺650円」 だったと思う。 4年くらい前までは、もともと600円だったと思うのですが 消費税増税あたりのときに原料費高騰化か何かで750円に値上げしたことから 昨年12月辺りから値下げしたのは、ちょっと価格が安くなるのは嬉しいのですが 値上げ価格はなんだったのだろうかと疑問視してしまう。

流行らないラーメン屋の特徴

流行らないラーメン屋の特徴はハッキリしたものが有る。 立地がよくて、交通量が有る位置でも 昼間にまったく人が入っていない店舗を見たことがありますが、 際立つ特徴は分かりやすいものがある。 損しているラーメン店の特徴 店内・・・

麺や 璃宮 亀戸店らーめん680円 |東京都江東区ラーメン屋

ラーメン 食品
麺や 璃宮 亀戸店らーめん680円

東京都江東区 亀戸駅近くのラーメン屋『麺や 璃宮 亀戸店』にて食べたらーめん680円 ラーメンの味は、悪くはない。 ただうどんに近い気がしてなんとも… リピートしたい要素には弱い感じ。 スープの味が煮干し感が強く、何か旨みで抜きんでる要素は感じなかった。

みそ味専門マタドール濃厚味噌らぁ麺 850円

ラーメン 食品
濃厚味噌らぁ麺 850円(みそ味専門 マタドール)

東京都足立区、北千住駅から2分も歩かない程度の立地にあるみそ味専門マタドール 半年くらい前にマタドールで「贅沢焼牛らぁ麺」 食べた時に肉が噛み切れなかったので(おいらの口内環境が最悪なだけです) 今回はでかい肉が無いメニ・・・

らーめん大:業平店 3回目と4回目500円らーめん|ラーメン屋

ラーメン 食品
らーめん大500円らーめん

らーめん大というラーメン屋の業平店で3回目 500円らーめん 食券機の左下にある500円の緑色の券 いままで680円のメニューしか食べたことがなかったのですが 食券機に書いてる説明書きによると 2016年度時点では680円のは麺量300gらしい 500円のメニューは 麺量200gで  ・野菜マシのオプション無し ・ニンニンクの有無だけ選べる とのこと。 ニンニクありで食べてみた。

ラーメン屋の売り上げは、月に どの程度儲かるのか?

ラーメン屋の売り上げは、月に どの程度儲かるのか? このことは店舗・客数・価格で異なる。 東京都内のラーメン店は、最近は高めの価格設定が多い 大手ラーメンチェーン店を除いても 個人経営風の店で 安いメニューであれば1杯600円台があるが 750円~が目立つ。 トッビングが多い価格の高いメニューだと1000円超えするメニューも増えてきている。

ページの先頭へ