学生制服の上着の種類について。
主な学生服は、セーラー服・学ラン、ブレザーといった種類だろう。

セーラー服・学ラン

トンボ(TOMBOW) スクールセーラー服上衣 A体 30450-88【170A】
セーラー服着用の学校だと男子が詰襟(学ラン)が基本。
ただし近年では女子がセーラー服でも男子はブレザーという学校も多い。
セーラー服は関西襟だとか関東襟だとか地域差があったりセーラー服部分がワンピース型だったり、上着と下着は分かれているタイプだったりと形が多様なのに対して学ランの形は基本形は大差ない。

    ブレザータイプのセーラー服

  • 中間服に上着を別個ブレザーを着るタイプや
  • ブレザーにセーラー襟が付いているものも有る。
  • この差は学校が採用するデザインで異なるのみ。

制服としての文化で、詰襟を採用する学校の男子はバリエーションの幅が少ない。
ただしボタンだとか裏ボタンといった小物でカスタマイズできたり昭和という時代には短ランやズボンを加工したものを着用していた不良ファッションも存在していた面もある。

ブレザー

反面昨今一般的に普及している制服はブレザー型が多い。
中はYシャツ(ブラウス)等でベストやカーディガン等で重ね着の幅が広い為なのかは知らないがブレザーが多い。
タイはネクタイやリボンと多様。
ボトムがスカート・ズボンにモノトーンのカラー以外に、チェック生地が多様されるのもブレザー型の制服に見られる。

ブレザー(ジャケット型)


I/51AWx-OmhlL._SL500_.jpg” alt=”MICHELKLEIN(ミッシェルクラン) 3つボタンブレザー (1)ネイビー M MKS101″ align=”right” border=”0″ />

MICHELKLEIN(ミッシェルクラン) 3つボタンブレザー (1)ネイビー M MKS101

少数派

中には変わった形の制服も存在する。

お勧めタグ記事