不二家縮小の背景について
様々な疑惑が存在する

2006年

2006年10月と11月の計8回にわたって、埼玉県新座市の同社埼玉工場でシュークリームを製造する際に、賞味期限が切れた(実際は「社内規定の使用期限」が切れた)牛乳を使用していた。

これは食品偽装で大きな問題となる。

テレビの虚偽騒動

翌年
2007/03/30 づけのPDFより
1月22日放映のTBS「朝ズバッ」での不二家関連報道に関する問題について

1 TBS「朝ズバッ」における不二家報道
同番組は、人気司会者みのもんたが主演するニュース情報番組で、月曜日~金曜日の朝5時
30分~8時30分の間放映されている(このほか、同様の内容の番組「サタズバッ」が土曜日
午前5時45~7時30分に放映されている)

同番組では、1月11日に、不二家の消費期限切れ牛乳の原料使用問題が報じられた後の1月
12日以降、連日、長時間にわたって、不二家の問題を取り上げ、主演のみのもんたが、不二家
を批判・非難する発言を繰り返していた。

時期を特定せず10年以上前の体験を今行っているかのような表現で番組が作られていた。
TBSテレビ 制作局制作「みのもんた朝ズバッ ! 1月22日
テレビがバカな理由

アオカビケーキ騒動

ある種これが追い打ちかけた感じが強い。
不二家の青色のカビのようなものが、調査の結果カビだったことが判明する。【異物混入】

食品偽装とか一度でも発覚した企業はイメージ痛いよね。
ペヤングのようにカップ麺製造していた工場が汚い環境だったと知られるものも結構ダメージでかい。

ただ違いとしてはペヤングは何故か猛烈な信者が多い事が不気味。
ペヨングとかいう小さい版なのか廉価版なのか意味不明な名称の商品投入したのも謎。
実際販売再開して従来の売り上げがもどっているのかは不透明だ。

ただ不二家はケーキなどの菓子販売はもともと頻繁に利用する食品ではない事も大きいのかもしれない。
一度傾くと立て直しは困難だろうな。
飲食店(外食産業)も、小売もどうして時給が低いのか?

他の会社との比較

日本マクドナルド

  • 2014年中国産ナゲットの鶏肉の問題
  • 2015年1月までに異物混入多発で赤字連発
    閉店店舗続出だったが、
  • 2016年末には回復

日本マクドナルドの業績が回復?2016年12月

幸楽苑
ただでさえ売り上げが芳しくないところで、指入りラーメン出したことが報じられ一気に傾く。
いきなりステーキのフランチャイズ化導入したり10円ラーメン打ち出すも、今後の立て直しは不透明。
21世紀の現在において工場とかならまだわからなくもないが、食品提供する場で指が混入しましたとかやらかすとイメージ最悪ですよね。

ペッパーフードサービス
レイバーランチ事件が、2007年5月16日
2009年8月23日-24日 食中毒発生事件
この他に交通事故とか 客とのトラブルも確か報じられていたので立て続けに各店舗の悪さが際立つことで暗黒の時代に突入した。
本社自体は、いきなりステーキで立て直したものの、
ペッパーランチそのものはイメージがいまだ好ましくはない。価格も安くはないので。
ラーメン屋を宣伝するには【開業・売上増】

復活要素

牛丼とかファーストフードは頻繁に食べるためちょっとやそっとのイメージダウンでも回復するのは希望が高い。
反対に普段頻繁に食べない高めのデザートになると避けられる。
回転寿司屋でもバカッター騒動などは見られたがその後尾をひくダメージはなかったようですし。
飲食店の立て直しは利用頻度と需要が物を言うと考えられる。
※競合の有無・大小にもよりますけど。

株式会社不二家
https://www.fujiya-peko.co.jp/

文字『不二家縮小の背景』