通販のトラブルで詐欺的な事例の紹介です。

詐欺(さぎ)とは、他人をだまして、金品を奪ったり損害を与えたりすること。 詐欺 – Wikipedia

例えば代金を振り込んだのに商品が届かないや、音信不通になるといった行為は騙す事を最初から画策している可能性が高い為、警察に届け出るべきな事例です。振込口座自体が第三者の口座という可能性もある為、銀行口座の使用にも問題がある可能性も考えられます。
自分が数千円~数万円程度の被害だからと放っておくと、第二第三の被害者が発生し、数百人も被害がでると、とんでもないことになります。

  • ネット通販詐欺
  • 通販詐欺とは?
  • 【要注意】送り付け商法で違法なアダルトDVDが消費者に届けられる?
  • LINEでWebMoney詐欺が流行中
  • 楽天市場で注意すべきポイント
  • 検索して安いと思って「振込みで」注文したら商品が届かない。:ネット通販トラブル
  • ネットショッピングは原則クーリングオフの対象外です。
    基本的には販売者との折衝が必須ですが、
    しかし時には、以下の機関などに相談したほうが良い事例もあります。

    • トラブルに巻き込まれたら、国民生活センター
    • 金額の被害にあったら、警察
    • トラブルの解決方法が上で駄目と、法テラス(弁護士)
    • などに相談するのも必要です。

      手間がかかる場合などは弁護士の手続きが必要な場合や民事になる場合はなどは知っている弁護士か、法テラスなどに相談になります。

    未成年の場合

  • 未成年者契約の取消し
  •  未成年者は、成年者と比べて取引の知識や経験が不足し、判断能力も未熟です。
     そこで、未成年者がおこなう契約によって不利益をこうむらないように、法律で保護されています。民法で「未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は、取り消すことができる」と決められています。
    http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/s_faq/kiso/k_miseinen.html

  • 紳士服のAOKIの炎上
  • 世界最速インターネット NURO 光