亀戸駅近くの牛骨らーめん ぶるず
亀戸駅近くの牛骨らーめん ぶるず
にて
味噌らーめん 850円
味噌らーめん 850円

味噌味が強め。
ボリュームは物足りない量

スポンサード リンク

​動画

箸

水

イヌリンとHMB
すこやか自慢

食べた感想

味噌らーめん 850円|牛骨らーめん ぶるず
味噌らーめん 850円|牛骨らーめん ぶるず
細目の麺はたぶん醤油と同じ麺だろうか
スープ
味噌が強いかな序盤は、後半は適度な牛っぽさがわかる気がする感覚にはなるけど分かりにくい。
揚げられたレンコン
揚げられたレンコン
レンコン揚げた物と葉野菜に筍、豚肉二枚程度。
これらは各々を順繰り食べることで適度な具ボリュームではあるのですけど麺が圧倒的に少量なんだろうな。
トッピング全部のせが400円という価格も少し気が引ける。850円+400円だと、1250円になるわけですしこの価格になるとちょっと気軽にラーメンという価格ではなくなる壁。

醤油と味噌の比較しかないのですが、味噌らーめんにするのであれば具にも何かしらの違い期待したのですが、特に違いはないようだったので残念。
味噌をあえて食べたくなる特徴も無かったのも残念感。

牛骨の味噌としては味噌マタドールよりも食べやすいのかもしれないあっさりな印象だけが残る。
味噌マタドールのは甘味が強い味噌というイメージ。
牛骨の味噌ラーメンなら、味噌マタドールの辛葱味噌らぁ麺 の方が好きだ。
他店と味噌ラーメンで比較して「味」では悪い面は無いのですが、抜きんでる要素にも感じなかった。
何か『強み』に感じる印象は無い感じのラーメン。

ボリュームは、醤油同様少な目だ
前回同様食べ応えの物足りなさがある。

この味噌らーめんで味は悪くないけど醤油が良いかな。
味噌ラーメン食べる動機になる要素は無かった。

味噌らーめん 850円完食した丼
味噌らーめん 850円完食した丼

普通に醤油食べた後に味噌らーめん注文しても食べきれそうな量である。

牛骨らーめん ぶるずの評価

「牛骨らーめん ぶるず」を純粋にラーメン屋として評価するのであれば、成功事例とは考えにくい。
ラーメンのスープの強みや、具・ボリューム。どれわとっても物足りない量であるし味の強烈さもなく別の麺料理に近い気がしてならない。
一般的なラーメンだとG系ラーメンや背油たっぷりラーメン、創作ラーメンでもボリュームは麺量180g程度はあるきがするのですが、牛骨らーめん ぶるずの麺量は明らかに少ないことと量だけで考えると、価格は高めになっている。
味だけで考えると800円850円でも良い味ではあるのですがそこに満足度はついてこない気がするので今後が気になる店ではある。

残るメニューは「つけ麺」のみですが、これは気長に挑んでみよう。(基本的に、つけ麺が苦手なので。)

移転

2018年一杯の亀戸営業後、門前仲町に移転とのこと。
亀戸近辺のラーメン店が減るのは残念ですけど駅近でも立地が良いとは言い難い所だったしなぁ。

麺類

ソイドル

美味しい大豆麺『ソイドル』

揖保の糸

お勧め記事宅麺:自宅でラーメン屋のラーメンを食す。