yahooニュースを見ていたらこんな記事が目に入った。

円急伸、79円台半ば=協調介入以来、1カ月半ぶり―外為市場

【ロンドン時事】5日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、米国経済の先行き懸念を背景とした円買い・ドル売りが加速、一時1ドル=79円50銭台まで上昇した。79円台を付けるのは、東日本大震災後に各国中央銀行が協調して円売り介入を実施した3月18日以来、約1カ月半ぶり。


えっ・・・79円台半ばだと・・・
チャート開いてみた。
201105052109ドル/円


あぎゃぁ・・・割り込んでますね・・・。
79.58円あたりまで一時割り込んでいたようです。

前回との違い

前回の79円台を一気に割り込んでいったのが、2011年3月17日だったのに、もどっても、いとも簡単に80円台を割り込んでしまうとか・・・
戦後初の円高らしいですが・・・・

前回は日本時間で明け方の、閑散相場の時間帯だったものの今回は日本時間がGWという急場の状態で下げたのはなんか他に要因があったのかなぁ・・・というかこの後の週末相場がどうなることやら

長期トレンドで日足はまだしも週足チャートなどだと下げる可能性はあるのがやや気になるところではあります。

まぁ今後円高水準更新するのか、はたまた円安に動くかわからないですが気になるところなのでした。