アレルギー対策の方法で医学的にではなく普段の生活として出来る事柄を紹介します。
基本、衣類・住まい・食事・『衣食住』に外出時の対策に分類されると感じる。
個人的にも、目がアレルギーであるため、普段で目が充血しているため、糖質制限で改善すれば追記します。(40日程度では劇的な効果は出ていない)

スポンサード リンク

アレルギーの他の原因

※これは可能性という点だけで考えてください。確証された要素は今のところありません。
もしも糖質がアレルギーの原因だった場合?
もしアレルギーの原因が糖質だったといわれたら私は過去の医者の所業にぶち切れたくなる。私的な体験談として某医大の医師に「このまま悪化すると失明する」など言われて、『眼球に注射さしたり』etc治療されて、結果改善しなかったりした・・・。最後は成長したら収まるとか無責任なこと言っていたからなぁ・・・。医大は嫌いになったものです。その後の視力低下は嫌になるものでしたが。(なんとか裸眼で生活に支障は無い程度)

アレルギーで気になることの一つに『糖質』が存在する。1990年代の『糖質制限』の登場以後、色々とダイエットとしては危険視されたり、流行⇒廃れ⇒流行⇒廃れ⇒日本で流行⇒一部で危険視派と肯定派が存在する糖質制限ですが、誰かの陰謀か何かでもあるように、糖質制限は色々な有用性が考えられるジャンルです。

もしも食物アレルギーなどがある人が居れば一度糖質制限の知識を身につけてみるのは有りだと考えられます。
食生活の根本から常識が覆りますので。

貴方が食べている食品は、本当は対して必要が無いことだと気づけます。

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などアレルギーが関与する病気もスーパー糖質制限食でよくなることが多いです。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3007.html

もしもアレルギーで困っているのであれば一度参考にしてほしい糖質制限ですが糖質を抜くことで、アレルギーに対するメカニズムは現代では確証がある物では無いようです。
結果として改善する人が多いというレベル。
(※糖質制限自体が肯定派と否定派が居る上に現在の糖尿病関連の自称が国際基準とは色々とズレがあるため判断はご自身でお願いします。
管理人は個人的に糖質抜いていることを試しているだけですので、万全だとは言い切れません。)

花粉アレルギー

花粉はスギの木の花粉が原因でアレルギーを引き起こすものが一般的だ。
解決方法としては沖縄に移住したり北海道に移住することが例に挙げられることがあるが、成長した後に他の地域で暮らすと、後々アレルギーを引き起こすことも懸念されているため、スギが無い地域に住むのは長期的に考えると得策ではない。(致命的に症状が悪いなら別でしょうけど)
最近では大気の汚れの問題としては中国が発生源の黄砂やPN2.5などの公害もダブルで重なるため、非常に回避しにくい問題にも思う。これに関してはマスクで防ぐ他無い。
(最近でも放射性物質は結構頻繁に乱高下しているようですし・・・日本ではどこの都道府県でも大気や水の汚染には敏感にならざるを得ないという現実)

ダニアレルギー

ダニアレルギーに関しては、ダニが発生しないように住環境を整えることと、野良犬・野良猫、屋外でダニが居そうなところは避けることで回避できる。
ダニは布団の天日干しでも効率よくは死滅しないという説もある。ダニ取りシートやダニ取り器などを使ったり、空気清浄機なども併用することが有効。
どこかのメーカーがマイナスイオンを発生させるテレビでテレビの近くにダニなどが寄ってこないという意味不明なネタにしか思えないアイテムを販売していましたが、マイナスイオンは科学的根拠は立証されているとは言いにくいのが現状だ。
正直な所ダニはどこでも発生すると言える生物ですので、掃除やグッズなどでコストは掛かってしまいます。(お掃除ロボットのルンバが一台欲しい。がそれ以上に散らかりすぎているので当方はダニに対して無防備すぎるのではありますが)

タバコの害

タバコもアトピーなどに悪い影響があるとのこと。『IgE』という指標コレに関しては医学的なことに為るので具体的なことは言いませんが、ひとまずタバコは良くないようです。

アレルギー関連本の通販


I/51ik6rKkacL._SL500_.jpg” alt=”イチから知りたいアレルギー診療-領域を超えた総合対策-” align=”right” border=”0″ />

イチから知りたいアレルギー診療-領域を超えた総合対策-

近年増加しつつあるアレルギー疾患(食物アレルギー、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎・花粉症(舌下免疫療法など)、アレルギー性結膜炎など)に対する横断的な総合対策の必要性が高まっています。
本書は、アレルギー診療の基礎から実践的な知識までを網羅。
専門領域を超えた総合アレルギー医を目指す耳鼻咽喉科、内科、小児科、呼吸器内科、皮膚科の医師の方々はもちろん、実地医療の第一線にてご診療にあたられている医師の方々、包括的なケアに携わるコメディカルの方々にも手に取っていただきたい1冊です。
オールカラーでわかりやすい紙面です。

  • 著者: 大久保公裕
  • 出版社: 全日本病院出版会
  • 発行日:2014-05-14
  • イチから知りたいアレルギー診療-領域を超えた総合対策-

    医学系の本は高いですね・・・。ただ気になるので見てみたいのでした。