Yahoo!JapanもGoogle検索エンジンを搭載して
実質Googleが9割以上のシェアを握っている日本の検索事情ですが、

Google 画像検索https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=ii

SEOは検索エンジン最適化であって検索エンジンが求めている物は、コンテンツ(主にテキスト)というか画像はaltとか近隣のテキストを参考にしている節が有るので9割以上はテキストだろう。

スポンサード リンク

検索されにくそうな単語

ふと思い立って何か検索されにくそうなものを思い浮かべてみたら
メタハルコンなる単語が出てきたぞ。
ということでググってみた。
こんな風な結果が出た。

Google検索でメタハルコンの検索結果
Google検索でメタハルコンの検索結果

こんなキーワードであれば上位表示をするのは、競合が少ないので楽だ。
ただしこのキーワードだと、確実に検索回数が死滅しているので
実際問題としては、この単語でサイトページを作っても集まるトラフィックは、元の検索回数が少ないと考えられるため、まったくトラフィック増加は望めないので意味が無いのです。

検索需要があってWEB上に無いコンテンツを作るのが良い

サイトの記事は、コンテンツ万歳なのです。
たとえWEBに五萬とブログサイトが出来たとしても
通常の記事作成だと
人は、大抵自分が好きなことや、日々のつまらないことしか書かない。
あるいは専業でサイトを作っている人は、
ECサイトとかで似たようなページをガシガシ量産するしかないのだから
まぁネタは今では、相当埋まっているのだと思う。
オリジナリティーや独創性は、既存製品などのレビューなどでは語彙に左右されるが
基本は似たり寄ったりになる。

トレンドワードも毎日更新されているので新しい単語・人気がある単語も毎時というタイミングで異なっている。

スモールキーワードが比較的お勧めです。

しかしスモールキーワードで攻めていくというのが一番便利な方法とはいえ専門家でもない限り様々な語句が発想として出てこないものだ。
むしろ100個単語があれば、100種類ある小さい単語のすべて網羅すればコンテンツとしての価値はマックスに至るわけで、穴があるキーワードというのは意外と見つかる。

  • 1日、10PV集められる小さなキーワードでも、1ヶ月もあると、300PVになる。
  • 月に300PVのページが、1000ページ作ることができたら、月間30万PVになる。
  • ここの所をちょっと気長に固めて見ようと思うのです。
    単語は旬があったりトレンドがあるため、必ずしも数字通りに再現できるという保障はありませんがやるだけの価値はあります。

    関連単語の検索

    基本関連する単語を探す方法は、GoogleのアドワーズツールやWEBの関連語句検索が良い。
    2014年あたりから、Yahoo!JapanのAPIが関連のサービスが、無くなったのが痛いですが、
    それでも検索する方法は幾つかある。
    関連するワード(単語)を調べる

    お勧め記事

  • SEO的に考えて、ブログやサイトの記事の文字数は何文字が良いのか?
  • WordPressのSEO 2015年時点
  • 検索順位の上下が気になる全てのウェブマスター様へ
    検索順位を調べるなら、検索順位チェックツールGRC
    多数のSEO対策会社で採用の実績 無料版もあります

    検索順位の上下が気になる人に検索順位チェックツールGRC