コンテンツSEOについて
ホワイトハットSEOでよくいわれる、内部SEO対策の一つとしてコンテンツSEOというものが何か。
良いコンテンツさえ有れば被リンク(ナチュラルリンク)が増えるという考え方。
自演リンクはNG行為という前提なので、ホワイトハットを謳う人が主張する考え方。
基本的には、ナチュラルリンクだけで上位表示できるのが理想ではあるのですが、これには相当リスクが高い。

スポンサード リンク

コンテンツとは

  1. 記事
  2. 動画。音声
  3. 写真・画像
  4. アプリやゲームなど。
  5. これらがコンテンツ

コンテンツマーケティングとは?

welq問題でパクリ同然や写真登用が問題視されていましたがGoogleも手間暇かけた転載には対応できていなかったり
倫理観無視のコンテンツの精査はできていないことが表面化した。

  • 記事はサイトだろうとブログでもtwitterなどの短文でもコンテンツです。
    文字が蚊入力できれば作成することは可能な最も多い情報の一つ。webサイトのコンテンツは過半数が文字テキストだ。
  • 動画はYoutubeなどの動画サービスにアップロードして引用タグで掲載する方法が最近では主体ですが
    それを掲載して記事で紹介するのもコンテンツ。デジタルカメラやスマートフォンがあれば動画自体は簡単に作成できますが、センスが問われる。
    音声も曲なとは著作権に触れるものはコンテンツとして使うには危険。
    声などでもコンテンツにはなりますが、喋っている内容は、記事で書くよりも扱いが難しい。
  • 写真や画像だけでも価値があるもの、面白いものであれば有益に働く。
    写真だけでく、WEB漫画として掲載することで中身のボリュームを豊富に構成されているサイトも多い。
  • アプリやゲームはwebブラウザでサイトにアクセスして利用するものであればサイトのコンテンツです。
    プログラムの知識やwebサーバーの知識が必要だったりと、普通は個人では展開しにくいコンテンツ。

SEO的に考えて、ブログやサイトの記事の文字数は何文字が良いのか?
ここで触れましたが、動画や写真、アプリなど掲載しても基本的には文字は欠かせない。

コンテンツ作成には金がかかる。

パソコンの配線

    自演リンクや業者に依頼してリンク1つ張って貰うのが数百円~数千円の費用だったとしても、

  • ナチュラルリンクがガンガン増える記事を書くのにコストがいくらかかるだろうか?
  • 良記事を書ける人がどの程度いるのか?
    • コストも手間も相当かかる。

    むしろ費用かけても、ナチュラルリンクが付かないために一切効果がない可能性もある。
    外注に依頼してウハウハできるのは、工夫がなければ成り立たないと考えられる。

記事を外注することでサイト内のコンテンツを増やす方法を試みている人・企業は多いようですがこういうことするのは信頼性の担保はおけないと考えるべきだ。
本気でブログやWEBサイトを作るというのであれば自分で記事書くべきです。

完全にビジネスと割り切ってアフィリエイト特化で進むのであれば別なんでしょうけども
気力・技術的な問題で長くは持たないと思います。


良質の記事が書けるのなら請けない

他人のために記事を数百円でかくような人は小遣い稼ぎ程度でしか記事は書いていない。
その記事で比リンクがガンガン増えるような記事なら、依頼うけてかくよりも自分で運用したほうが収益率が高い可能性が多い。

下請けで記事書くような人の記事が良質な記事になる動機は無いだろう。
1ヶ月で数万円稼げる記事を数千円で受けていたら損しかない。
集団で作成するアプリ開発や、ノウハウや労力を提供してくれる動画作成でないかぎり、よほどの報酬などの見返りがないかぎりは、センスがある人が記事作成は請けないと思う

炎上マーケティングを仕掛けるブログが減らない理由
プロ ライター
プロのライターというのも難が有り、
既存のマス媒体や週刊誌などの編集に携わっている人の記事書く力と
WEBでもとめられるライティングの意味が異なる点も見逃せない。
「ウェブライターの文章が下手」という記事がなんか的を得ていない気がしたので。

WEBサイトというのは独特の価値観があり、どんなに素晴らしい文章を書いたとしても大ヒットするとは限らない。
見つけられて、評価されて拡散されない限りはたくさんの人に見てもらうことは出来ないのだから。

評価の基準も端末によって異なるだろうしパソコンで閲覧すれば読みやすいサイトでも
スマートフォンだと読みにくくて評価が落ちるという可能性も有る。
※写真や画像などが、メインのサイトだと小さい画面のスマートフォンなどでは効果が発揮されにくい。

自演リンクの意味が無い


コンテンツは重要ですが、リンクを購入したり、自演リンク張る事は効果がない。
年々目に見えて減少している。

下手したらペナルティーうける。
一度ペナルティーうけたら、そこから修復したり、そもそも自演リンクのサテライトサイトを作ったコストは無駄になる。
rel=”nofollow”付の、直接トラフィック狙いならまだしも、上位表示の対策として自演リンクはお薦めしない。

ナチュラルリンク万歳

結局どのようにして、自サイトに訪問してもらった人にシェアされたり被リンク掲載されるかといった記事が無ければ、今後のSEO対策としては、どうにもならないのが現状だ。
他者がコンテンツをガンガン作り出したら、埋もれる事は目に見えている。

コンテンツをいかに作って、ナチュラルリンクが作れるか否かが、今後のSEO対策の分かれ目になる。

文字「コンテンツSEOとは、」

マーケティング関連記事

制服リボン青