仕事と経営と、報酬について一度考えてみよう。
仕事というと労働を指す。これは支持されるものでも自分で考えて動く内容でも共に仕事である。責任は支持する側にあることが多い。
経営に関しては完全に自己の判断で働く内容だ。責任も全て自分自身にある。

会社員と自営業の違い

会社員は、基本的には、就労時間に対して賃金を貰う契約だ。
労働契約は基本的には時間給なので、
出社しても仕事が割り振られない。
仕事で成果が上がらなくても
賃金は雇用契約の元に保障されるべきであり、
使えないとふんだら雇用契約が切られる。
ただそれだけの関係だ。

フランチャイズの窓口(

経営に携わる場合

自営業は、自分が行った仕事(作業⇒売り上げ)から経費を差し引いて報酬・収益になる。
裁量性の仕事で完全歩合の営業などもこちらに該当する。
ポスティング等も配った分からの収益しか報酬としてもらえない。
店舗のオーナーなどもこの位置だろう。
フランチャイズに関する記事

企業に勤めるリスク

会社に属していても、稼げる手法は手に入らないよ。
結局稼ぐことが出来る人間だけが自立出来る。
稼げない人は、労働者として従事してなくては資本主義経済の中では、お金を得ることは出来ない。
この辺りのことほシビアに考えてないのであれば考え方を改めるべきだ。
ただし労働万歳の人たちに何を言っても理解できないのでしょうけれども。
正社員と今後

残業代とかに拘っている時点で駄目

ブラック企業だとか、休出がつらいなど、労働者には理不尽にも思える過密な仕事で過労死に追われるニュースが後を絶たない。
逃げてもいいことすら理解できなくなるまで追いつめられる人たちの神経は明らかにくるっている。
しかしこれは、現代社会の公立学校が社会にまともに出たことが無い教師・教員などで組織されているため、改善されることはないだろう。
大学まで出ても、先輩後輩社会が強い日本。
体育会系が重視される企業等の組織体系から、個人が尊重されるようなことは無い。
労働者は、イコールで使い捨てな人材なのだから。
もしも重い腰を上げて転職する位ならば、一層早い段階で起業するという戦略を如何に構築できるのかということを真剣に考えていないのであれば、貴方の老後は真っ暗だろう。
転職先がどんなに良い職場だったとしても数年先に倒産するリスクはゼロでは無いし、
貴方が病気や家族の事情で急変することなどざらに考えられる。
もしも手っ取り早く、自由を手にしたいのであれば、独立する以外には手段は無い。
独立したとしてもそのビジネスが、継続できたり、拡大できる事業か?否か?はケースバイケースで独立で一度成功しても、数年先には、何もないというのが人生だったりもする。
ただし向上する・変化を追い続ける姿勢が無い人は一生そのままの生活なのは否定できないのではないだろうか?

派遣社員のメリットとデメリットの使い方