仕事について

仕事について。
仕事とは、正社員派遣社員・アルバイト、公務員、他各種雇用形態で雇われることが主流。
会社などの組織に従事して働く働き方か、自由裁量で働く方法に二分される。
職業に関しては、世の中の職によって時代とともに変化するし国によっても異なる。

正規雇用と非正規雇用

正規雇用は正社員とよばれ基本期間に定めがない常時雇用だ。
反対に非正規雇用は、期間に縛りがあったり解雇がしやすい理由などから不安定な雇用で、賃金も低く設定されがちだ。
生涯賃金では正規雇用と非正規では、数倍の差があるとされている。
これは賞与の有無や、役職に登用される機会の有無、昇給の概念が非正規雇用にはあまり与えられない面が大きい。

公務員

安定を求めるのであれば公務員が最もリスクが少ない。
不祥事でも起こさない限り、まず解雇されることはないしそもそも倒産するリスクが無い。
もしも就職で選択肢に迷ったら真っ先に公務員を選択しても損はないだろう。

独立目指す

自由業だとビジネスによっては不安定な仕事が多いものですが、自営業として生きていける勝算がある場合には会社に勤めなくとも生きていける。
ただしこれはアルバイトとして働くことよりも難しい面が大きい。
ハイリスクハイリターンでもある選択肢だ。

自営業

自営業者の仕事は、自ら生み出すビジネスに成り立っているため、
仕事という見方が、雇用されている人とは考え方が異なる意味合いをもってくる。
今後は非正規雇用の拡大の為自営業に挑戦する人も増えることになるだろう。

安定したお仕事探しのパートナー【イカイジョブ(ikai job)

イカイジョブ(ikai job)

安定したお仕事探しのパートナー【イカイジョブ(ikai job)】 求人情報サイト「イカイジョブ」を展開しているイカイグループは、 働きたい想いを持った方に向けて、「安定したお仕事探しのパートナー」になります。 製造業の工場、設計・開発、事務や医療に関するものまで幅広いお仕事があります。

氷河期世代生活保護に没落すると30兆円増加

文字『氷河期世代生活保護に没落すると30兆円増加』

『氷河期世代没落で生活保護費30兆円増、衝撃の未来図』 という記事が出ていましたが、実際どうなるのかという事について。 氷河期世代とは? 就職氷河期のこと。 バブル崩壊後の1993-2005年を指すことが一般的。この時期 […]

皆勤賞は悪い事なのか?

生活
文字「皆勤賞は悪い事なのか?」

皆勤賞は悪い事なのか?というツイートに思う事。 皆勤賞というと学校や職場で用いられる表彰の一つであり日本では割と身近に感じる物事の一つだと言える。 ただし価値観が違えばこれはずれている現象にもとることができてしまう。

餃子の王将、無償で豪雪で立ち往生の車に品物くばる裏で3年前のアルバイトを呼びつける

外食 食品
文字『餃子の王将、無償で豪雪で立ち往生の車に品物くばる裏で3年前のアルバイトを呼びつける』

餃子の王将、無償で豪雪で立ち往生の車に品物くばる裏で3年前のアルバイトを呼びつけるという意味不明な人材確保しているのが理不尽にしか思えない。 王将一生利用したくないと思った。(この事案で該当の元アルバイトに時給数千円出していたら許すが)

3カ月更新の契約で17年も派遣社員として働いていた女性の問題点|仕事

生活
文字「3カ月更新の契約で17年働いていた女性の問題点」

3カ月更新の契約で17年も派遣社員として働いていた女性の問題点について。 1に、有期雇用契約で更新やりつぱなしで継続していて働いていればいつか解雇される可能性が有るのは必然。 2に、正規雇用に登用されることを考えなかったのか?会社が拒んだのか?抗議したのか? 3に、転職考えなかったのか?できなかったのか?条件が合わなかったのか? いい年した大人なのに、さも被害者ぶるのは無理があるように感じる。

「好きな事を仕事に」は可能なのか

生活
弐千円札

「好きを仕事に」趣味を仕事にするというパターン。 例えば、 「車過ぎだから車関係の仕事に就く ⇒販売。整備士など」 「料理ケーキが好きだから⇒パティシェ等」 「アニメ好きが転じて⇒アニメーター」 何かしら仕事を決めるきっかけとなるのが「好きだから」「憧れがある」などだ。 果たして好きというだけで仕事にするにはプラスになるのかという問題。 大体の場合は理想と労働の実態が乖離していて挫折することが殆ど。それでもなおしがみつくのは大抵の仕事ではそれしか道が無いと洗脳される人が大半。

住み込み仕事の現在の実態と事情

生活
夕焼けと信号

住込みの仕事を探している人こそ必見です。 住み込み仕事を探す人の事情として考えられるのは、「地方から出てくる人のための仕事」か、「家が無く仕事と住処を同時に探すという人」このいずれかが該当するだろう。 仕事探しの際のポイントを紹介します。

18歳未満の就労時間22時の勤務までに関すること|アルバイトなどの就労 仕事

生活
女子高校生風の女性の後ろ姿

アルバイトなどの就労で18歳未満の就労時間22時の勤務までに関することについて紹介します。 18歳未満とは「17歳以下」を指す。 17歳までの人は22時以降のアルバイトなどの勤務は労働基準法で認められていない。 発覚すると雇用主が刑事罰の対象になる。 本人が望んでもダメだということ。 信用問題にもつながるため、17歳の人が割増賃金目当てに就労を希望したとしても働かせてはいけない。

雇用は奴隷か?

個人事業
1万円札が数枚ある写真

雇用は奴隷か?ということについて。 正規雇用・非正規雇用が多々取りざたされることも多くなり、 派遣社員に多く見られる非正規雇用の話題は多くなるばかり。 ここにきて正社員の雇用も縮小の一途だが正規雇用もブラック企業の過労実態で様々な問題があることが顕著になってきている。 過労死や精神が病んで自殺するまで働くということは奴隷ではないのか?と思える。 ここでは雇用が奴隷と何が違うのか?ということについて。

セブンイレブンの店舗アルバイト募集に「ノルマ罰金無し」明記していたらしい問題点

生活

セブンイレブンの店舗がアルバイト募集の宣伝の紙に「ノルマ罰金無し」明記していたらしい問題点が実に不安でしかない。 当たり前のことを普通に出来ないコンビニチェーン店が存在しているのは実に痛々しい。 ノルマ・罰金を科しているアルバイトって何のこと?としか思えないが 或いは、ここのオーナーは、そういうことが普通に蔓延しているという表れなのだろうか?

ページの先頭へ