カップラーメンの記事

  • カップラーメンは字のごとく、カップの容器に入ったラーメンのことです。
    カップのなかにカヤクや粉末スープが入っており 麺の上にあけ熱湯を注いで数分で完成することから手軽に食べられる食品として普及しています。
    価格は100円代から200円台の物が主流です。
    『カップラーメン』という名前だと「ラーメン」を連想しますがラーメン以外にも、類似商品に、うどんや蕎麦・焼きそば、などが存在しています。
  • カップめんは、醤油・塩・味噌・とんこつが主流で、地域の固有のラーメンを模した味の商品も展開されています。
    最近では店舗とコラボして監修つきで販売されている個性派ラーメンも多く販売されています。

  • 容器
    カップの形が、カップラーメンには主に縦型の容器と横型の丸い形のものが主流で販売されています。
    他に□四角の容器などもたまに販売されている。
  • カップラーメンの価格は、100円代~200円代のものまで存在している。
    インスタントラーメンの中では袋タイプのものが1食100円未満程度であるのに対して、カップ麺は安い物でも150円程度~コンビニの一般的な製品は230円代程度からと価格がやや高めなのが特徴です。
    日清で見ると、カップヌードルの廉価版にしか見えない、スープヌードルなど価格を抑えたラインナップも販売されている。
    マルちゃんのごつもりに対してのがつ盛り等。
    100円ショップなどでは、期間限定商品のカップラーメンが売れ残りの為か、店頭の入れ替えまでに余ったのか大量の製品が108円などで販売されている姿をよくみかける。
    ローソンストアなどでは「がつもり」といったマルちゃんの即席焼きそばの安いバージョンを販売していたりもする。
    それ以外ではディスカウントショップなどでは、100円未満で叩き売り状態の製品も稀に見受ける事が出来る。

カップラーメンのランキング

ラーメン屋さん関連の記事

カップラーメンの量

カップラーメンを食べて物足りないと感じる人は多いのではないでしょうか?
これは単純に麺の量が、一般的なラーメン屋よりも少ないことが言えます。
カップラーメンの麺の量は、大きいサイズのものでも80g程度あるかないかです。
店頭のラーメン店は麺の量は170g程度が平均の量です。
生麺と乾麺という差がありますが、炭水化物量で比較しても、カップラーメンの麺の量は、ご飯1膳と少し程度の量であることから成人男性がカップめん一個を食べても満足できないのは量が足りない事が言えます。
逆にトッピングを自分で用意してメンマや味玉を付与すれば、満腹度は補う事が可能ではあります。

ウマイカップラーメン

カップラーメンの中で定番なカップヌードル等は固定のブランドと知名度でそれなりの味・固有の味を楽しむことが出来るので安く販売していたら色々な味を買い置きしておきたいカップめんです。
他にコンビニで販売されている250円程度のカップめんは、味は期間限定なので好みによる当たり外れはありますが、よほどのことが無い限りハズレはあたりにくいものです。
逆にローソンストアや100円ショップ、ディスカウントショップなどで100円未満の価格で販売されているカップラーメンはハズレ率が高いので選ぶ際は価格と質で良く考えて購入したほうが良いでしょう。

マズイカップラーメン

100円ショップの安売りされているカップラーメンは当たり外れが大きい。
大体メーカー名と、味である程度は推測できますが、
日清>マルちゃん=エースコック>その他メーカー
名前も聞いたことがないような製造メーカーの商品はたいてい外れが多い。

絶対に買わないカップラーメン

個人的に絶対に買わないカップラーメンが存在する。
それは韓国産の即席めんメーカーのラーメンだ。

辛ラーメンカップ 68g×12個

辛ラーメンカップ 68g×12個

  • メーカー: 農心ジャパン
  • 辛ラーメンカップ 68g×12個

    記憶が確かであれば一度も辛ラーメンという即席めんは食べたことがない当方ですが東日本大震災の直後にもスーパーの店棚から即席めんが消える中唯一売れ残っていた辛ラーメンは韓国企業の農心が製造・販売している即席めんだ。
    これだけは絶対にどんなに安くても買うことは無いだろう。

    辛辛魚(からからうお)|寿がきやのカップラーメン

    ラーメン 食品
    麺処井の庄監修辛辛魚らーめん|寿がき

    寿がきやのカップラーメン辛辛魚(からからうお)という商品を食べてみた。 セブンイレブンで購入した物で税込み281円。 以前から販売しているのは見かけていたけどパッケージが美味そうには見えなかったので買っていなかったカップラーメン。Twitterなどで食べている人を見かけることもあったので買ってみた。

    新ラ王の『日清ラ王背油濃コク醤油』食べてみた|カップラーメン

    ラーメン 食品
    文字「『日清ラ王背油濃コク醤油』」

    パッケージには、日清史上最高傑作次世代ノンフライ麺 日清ラ王背油濃コク醤油と記載されている。 カヤクが、チャーシューとカヤク(もやしとネギ) スープは粉末スープと液体スープ 麺は黄色っぽい色のインスタント麺です。太麺です。 さてさて生麺タイプの時のラ王と、どのように違うのだろうか・・・。 画像無し。動画無し。(データが見つからないため) 記事書いた日 不明

    ページの先頭へ