担担麺(担々麺)

担担麺(担々麺)とはひき肉を辛く炒めた物を麺料理に乗せた物を指す。

中国

四川省が発祥の料理
発祥の中国日本のタンタンメンを比較すると差ははっきりと違いが出てている。

日本の担担麺(担々麺)

中国人料理人が日本人向けに改良されて広がったとされている説がある。
日本では、かんすいを使った中華麺を麺に使用する。
ラー油で味付け差タレ辛いスープ。
トッピングの具は青梗菜が添えられることが多い以外に
チャーシューやトッピングの具は店舗によって大きく違い様々なアレンジが多い。
ネギや糸唐辛子の薬味を添える所も多く存在している。
近年ではスープが無い「汁なし担々麺」も存在し担々麺専門店として営業するラーメン店もある。

表記の例

担担麺の表記が正しいが、
大手飲食店メーカーの製品でも名称に「担々麺」と用いることが多い

飲み干す一杯 坦坦麺:エースコック

ラーメン

エースコックが販売している「飲み干す一杯」といすカップラーメンの『坦々麺』バージョンを食べてみた感想と動画。 坦々麺は普段インスタントでも食べない種類だ。 最近どうも108円のカップ麵しか買っていないせいか、コンビニの200円のカップ麺が高く感じてしまう。 名称記事書いてから気づいたのですが 坦々麺ではなくて『坦坦麺』が正しいのか・・・ややっこしい。

ページの先頭へ