派遣社員とは?

派遣社員(Temporary staff)とは、労働の雇用形態の1つ。

就労先と契約するのではなく、派遣元と契約して、就労先の別の会社で働くスタイル。
日本では1990年頃から拡大してきている就労形態で
現在でも派遣社員として働くことが出来る職業は拡大してきている。

    雇用契約の種類

  • 直接雇用:『正社員』「アルバイト」「契約社員」
  • 業務請負:「請負」
  • 派遣契約:日雇い派遣、派遣社員 等

派遣社員の特徴

  • 指示系統が異なる
    派遣先から仕事の支持がなされる。
    雇用契約自体は派遣元との契約ですが
    仕事の支持は派遣先からなされる。
  • 派遣先がお客様
    派遣元からすると、派遣先の職場はお客でしかない。
    意外と契約している派遣社員がぞんざいに扱われる会社も少なくない。
    この点から考えても派遣社員という働き方よりは、アルバイトや契約社員といった直接雇用の方が働きやすい職場は多い。
  • 派遣という働き方の問題点

    いきなり労働契約の内容と違う仕事を現場で指示されることがある。
    こういう状態では派遣元の支持を仰ぐことが求められますが、短期の派遣などだやむなく作業に従事してしまうことなどが多い。
    トラブルや、事故などが起きてからだと問題が拡大しやすいのである程度派遣元と密な信頼関係が築けないと長続きしにくい。

    派遣社員の使い捨て

    本来の派遣契約では一定期間の契約の後には正社員として契約しないといけない決まりだった。
    しかしながら現在ではこの期間の長期化(法律の変更)や、期間満了後に一旦契約を終えて別の仕事を紹介(他の勤務先)されるということが当たり前にまかり通っている。
    本人が望んで派遣社員という働き方をしているのであれば良いのですが、問題化している事例はそうではないので、ある意味人材の使い捨てに思えるビジネスでもある。

    派遣切り

    2008年に起きたアメリカのサブプライム問題を発端とした世界経済の悪化をもとに年度末に起きた『年越し派遣村』の騒動はあれは派遣社員ではなく、請負契約なのでは?と思う。
    ちなみに契約期間が1か月や数か月程度の派遣社員だと不当な理由で契約を延長させない派遣切りは頻繁に起きていて、雇用という点では安定性は全く担保されていない。
    解雇されたときに失業保険に入っていないなどの問題もざらに起きている。

    派遣社員のメリットとデメリットの使い方

    派遣社員のメリットとデメリットについて考える。 派遣と言うと短期雇用で一定期間の安定を得たい人には向いている。 ただし長期的(数年間)の雇用を期待するには派遣では厳しい現実が存在しています。

    選挙当日の投票場所の学校である福岡市東区の多々良小学校で35歳女性(派遣社員)が死亡していたという事件

    日本

    福岡市東区の多々良小学校で35歳女性(派遣社員)が死亡していた事件 14日(日曜日)午前8時半ごろ福岡市東区の多々良小学校で35歳女性が死亡していた事件 派遣社員女性が死亡していたとのこと。 選挙の日に投票場所の学校で発・・・

    『今後もこの派遣会社のスタッフとして仕事がしたい』  「再就業率」 1位を獲得 した会社総合人材サービスのテンプスタッフ株式会社

    あなたにぴったりの仕事が見つかる! まずはテンプスタッフに無料登録♪ 派遣会社・新規登録 テンプスタッフ株式会社のおススメ 仕事量の多さ、業界の幅広さ、福利厚生の充実などが  派遣会社のを決める大きなポイント 月刊人材ビ・・・

    株式会社パソナ

    一般的に『パソナ』とよばれる会社名は、株式会社パソナグループの中に、完全子会社として『株式会社パソナ』が存在する。 大阪市北区で人材派遣事業を主業務として設立されたのが1976年2月のこと。 現在では中国やアメリカにも進・・・

    ページの先頭へ