東京都墨田区のラーメン屋すずめ食堂にて。つけ麺食べていなかったので気になって食べてみた。
先に言うと「すずめ食堂」の濃口メニュー全般があまり良い印象ではない。
私的には普通の「すずめ食堂」の中華そばのが、まだ好きではある。
濃口系のスープはいまいち良い印象もてない。
つけめんも例に漏れなかった。

すずめ食堂のつけ麺 スープ
スープ

すずめ食堂のつけ麺の『麺』

ただし感想は、濃い口中華そばの濃度増したような味。
魚粉が浮かんでいることからも、これが魚くさくなることは容易に想像できた
麺は太めな麺(中太くらいだろうか)ですが、モチモチ感など適度で麺はわりと良い。
ただスープが濃口中華そばの印象しかないため
このつけ麺食べるなら「濃口中華そばでよくね?」(濃口中華だと細めな麺ではありますが)と思ってしまった。
すずめ食堂濃口中華そば

スポンサード リンク

動画


味は悪くないものの、何か物足りないスープの印象。

食べた感想

後客の中華そばよりも後にできあがるつけ麺のゆで時間。
ゆであがっても冷やす手間があるため
この間に後客二人分(各々入店時間別)の中華そばが先にできていた。
ざっと10分ちょっとだっだろうか。
普段中華そば類しか注文したことがなかったため待ちくたびれた。
具は
麺の上の柑橘系の身と海苔
スープの中に、ネギ メンマ  と鶏肉・豚肉
という普通の中華そばなどと違わないラインナップ
各々普通においしいです。
スープが私的にイマイチに思う。
一口目のスープはそれなりにおいしいかもな味ではありましたが
あとはずっと魚粉で、魚が強いだけな印象のスープに早変わりその後は旨味がよくわからない。
スープの味は、悪くはないけど、つけめんあえてこれを選択肢にいれて食べたくなる要素が無い。
つけ麺よりは普通の濃口中華そばで良いかな感じがどうしても込み上げてくる。
麺たべきったあとにスープのみきれる濃さではなく
さらに店主が店奥に引っ込んだのでスープ割があるかどうかも聞きそびれた。(閉店時間すぎていて、オイラの他に1客しかいませんでしたしまぁ…)
そのまま退店。
割があったらどんなスープになるのかは不明ですが、まぁ期待度薄い。
ただ残念ではある。
スープ割があれば試してみたかった。
ひとまずこのつけそばだと、リピートはしないかな。
普通に中華そばのが好印象
濃口中華・濃口味噌は苦手(悪くはないものの、苦手。)
というかすずめ食堂は濃口メニューといい、つけ麺といい
この方向性のスープメニューの比率増やしているのは、これにニーズがあるのだろうか?疑問だ。
オイラには理解できないであります。
※今回も、つけ麺たべた後の満足度は相変わらず低い。
冷たい麺は残念感高いので普段つけ麺注文することが無いオイラではあります。
すずめ食堂では中華そば豚飯が安定なメニューに思う。
ただし中華そばも日によって味の濃淡がぶれるのが欠点か。
つけ麺での比較においては、
まだ竹末東京プレミアムのつけそば(限定含む)のが好印象な程度。

2回目食べてみた


2回目のつけそば850円
食べ始めは美味しいのですが
後半になるとスープが魚粉の感じで一緒くたになるためどうしてもイマイチな加減になる。

その後何回か食べてみた

夏シーズンは暑いのでどうにもラーメン類食べるとダレるのでつけ麺を頻繁に食べているのですが
すずめ食堂のつけそばも例にもれず何度か食べたのですが
すずめ食堂のつけそば 850円という価格はお高い感じ。(近隣の麺屋 頂 中川會だとつけ麺780円)
麺は粉末状の何かが練り込まれた麺
柚子が麺の上に乗っている
麺の端に、海苔も1枚だけ添えられている
つけ麺のスープの上に魚粉
スープの中には葱・鶏肉が見える。
他に豚肉のチャーシューやメンマが沈んでいる。
メンマの量と肉の大きさ・味は好感なのですがどうしても魚粉の味が勝るのが頂けないスープ。
瓶ビールはアサヒスーパードライ 500ml 500円
店内気温が暑いので8月でつけ麺食べていても暑い。
すずめ食堂で8月に中華そば(熱いラーメン)を食べるのはキツイ。
自宅でラーメン屋のラーメンが食べたい。宅麺について