自転車操業とは借金の借り入れと返済をギリギリでやりくりしながらなんとか継続している状態のこと。
基本的に金利が有る為借金額は増えていくことが多く結果的に悲惨な場合には倒産・自己破産などにあうリスクが高い。
自転車と付くのは、自転車は走り続けていないと倒れることから、
走り続けることをやめると倒れることから自転車操業と呼ばれている。
皮肉としても痛々しい。

会社の場合

自転車と猫
手形など利用していると
自転車操業でいつ倒産するかというギリギリの経営者は中小企業では割とあり得る。
闇金の借金問題解決は専門家に相談することが解決の近道です無料相談有り

個人の場合

日本円の硬貨一般的な人だと住宅ローンやよほど高い買い物をローンで購入したりしない限りは、毎月の支払いで巨額なものといっても家賃くらいのものだ。
個人がお金に困るパターン

  • ただし消費者金融のような貸金業から借金している場合にはこの限りでは無い。
  • FXや株式投資の信用取引などでも、証拠金の比率を割り込むと追証が発生するリスクも有る為、高いレバレッジで取引していると万一の時に手痛い目にあう可能性が有る。
  • 病気などで治療費・入院費が発生した場合にも借金を作る可能性は高い
  • 事故
    交通事故などで、保険に加入していなかったりして自分の責任で支払いを行わなければならないときなどにも多額の借金をする羽目になる。
    当て逃げなど、加害者が不明な場合にも無駄な出費が出る場合も有る。
  • 家を担保に入れて借金するなどでも、自転車操業に陥りやすい。(主に土地の価格しか値が付かない事が多いですけど)
    高い価格の日本円:価値が高い硬貨

    税金という追っ手

    税金にも追い込まれる。
    消費税や住民税などの取り立ては過酷だ。
    民事裁判よりも猶予なく地方行政単位で差し押さえが実行される。
    これを避けることから自転車操業になっている時点で既に破滅的だと言える。
    原則的には生活に支障がない差し押さえという名目ではあるが実態には違うのではという疑心も強い。
    (仕入れの代金や人件費の費用など)
    自転車操業で走っている事業者を一発で追い込む可能性が高いのは行政だろう。
    ※納税は義務なので支払っていない方の分が悪いことは当然ではあります。
    文字「自転車操業とは」
    ピザ屋がバカッター被害で破産という事件