シェアサイクルとはシェア自転車を指す言葉で
従来の貸し自転車サービスと異なる特徴が有る。

シェア自転車

シェアサイクルとはシェア自転車のこと
特定のエリアで自転車をシェアして利用が出来るサービス。
従来の貸し自転車と異なり別のエリアの専用の駐輪場で乗り捨てが可能なことがメリットになっている。

自転車のメリット

  • 1台あたりの価格が安い。※コストは安い
  • 乗り物の中でも小さいサイズであること。(運ぶのが容易)
  • 乗れる人が多いこと。
    免許の必要もない乗り物であることから、利用者見込みの数が多い乗り物だ。条件さえそろえばシェアサイクルが成り立つ見込みは存在する。

自転車のマナー悪すぎる日本

自転車のデメリット

  • メンテナンスは必要※燃料費や税金はかからないが、維持のコストはそれなりにかかる。
  • 盗難リスク
    鍵のかけわすれや些細なことで盗まれやすいのも自転車の特徴だと言える
  • 事故
    自転車は車などに引かれてもダメージが大きく、歩行者に対しては加害者になることが多い乗り物だ。ひき逃げする自転車乗りが多いことからもシェアサイクルを導入するにはそれなりの対策を考えていないと事業としてのリスクが存在する。

大阪府高槻市で自転車の女性をひき逃げ→逮捕

シェアサイクルの可能性

自転車が走りやすいのは郊外の町だといえる。
反対に都市部においては歩道も車道も交通量が多いと日本の道路事情では自転車に適していないといえる。
日本は島国であるため坂道が多い地域が殆どだ。
急こう配も多い地域だと自転車は移動に不向きであり、優れた乗り物とは言えない事が有る。
動力補助付き自転車も近年増えてきているが価格が高くなってしまうのがデメリットだ。

シェアサービスのデメリット

シェアハウスも2000年代以降活況を見せている。
レンタル傘なども特定の事業者などが開始したことがありますが、
コストが追い付かなかったり回収できなく長期的に継続できない事例が多い。
価格が高いサービスや乗り物を複数の人でシェアして利用することで利用料金を抑えるメリットが出来ますが、
その物によっては向き不向きが必ずある。
レンタル衣類のサービスも出てきているが実際の利用数は不透明な印象はぬぐえない。
月額7000円でレンタルファッションが日本上陸。airCloset (エアークローゼット)
近年では車のシェアサービスも普及していたりするがどの程度市場規模として拡大するかは不透明な部分が強い。
町でぶつかってくる高齢者が迷惑すぎて腹が立つ
文字「シェアサイクルとは 自転車」

自転車関連記事