数年前にモバイル コンテンツ向け AdSenseにGoogljapanが 意欲を見せていたような印象はあったが
今世界的にもアンドロイドとiPhoneが主流のモバイル端末とインターネットにおいて「モバイル コンテンツ向け AdSense」の価値は無い。

今後モバイル コンテンツ向け アドセンスという広告は無くなるだろう。

スポンサード リンク

広告の変化

Javascript を実行できる、iPhone や Android 搭載のハイエンド携帯端末ユーザー向けのモバイル サイトを運営し、収益を獲得したいとお考えの方は、モバイル対応サイトに合った標準的なコンテンツ向け AdSense の広告ユニットを使用してください。

http://support.google.com/adsense/bin/answer.py?hl=ja&answer=68724

現状

スマートフォン向け広告はPC向けアドセンスと同一。
iPhone や Android→標準的なコンテンツ向け AdSense の広告ユニット

モバイル コンテンツ向け AdSense→ ガラパゴス携帯など旧式の端末ということになる。

スマートフォンは基本OSがWindowsPhoneを抜けば、iPhoneOSとAndroidOSの2つが主流でメインOSであるし
今後Microsoftが主流になる事は無いだろう。
この上にGoogleも独自の携帯端末の開発を進めているということなので、
旧式携帯端末の広告などに焦点をあわせていた『モバイル コンテンツ向け AdSense』の需要は圧倒的に減る。
むしろ絶滅するはずだ。

アクセス者数の変化

サイト管理者としても、いちいちモバイル端末広告用に携帯テンプレートと、
アドセンス広告を取得したり張り替えたり、計測したりとしなくていいので楽になるとは思うのでありがたい話である。
文字「モバイル コンテンツ向け アドセンスの末路」

WEBの技術変化は数年で劇的に変化する
その後の変化としてSSL導入の推奨に続き
AMP導入の仕組みまで出てきたため相当WEBサイト運用の手法が数年でガラリと変わった感じがする。
AMPという仕組み利用すればレスポンシブWEBデザインも必要ないし、CDNのようなサーバー分散も必要なくなってしまう。
サイト運営者には利便性が高くなったといえるが、その分サイトデザインをする人には相当な知識が必要になってしまったと感じる。

今回のAMPはGOOGLEだけでなくFacebookも裏で動いていたりするので、今後のIT大手の動向も気になりますね。

アフィリエイト関連