先日九州で、中国人が紙おむつを買い占めているということがニュース記事で報道されていた。
これはただの店頭での買占めなので違法性は無いものではあるが、危険性は大いに含んでいる問題だ。

中国では品不足

日本のオムツメーカーが、中国に出荷していないわけでは無いのだ。

スポンサード リンク


中国にもオムツを製造している印象であり、紙おむつのライン自体はありそうなのだが、極端に品不足が起きているのだそうである。
こうなると他の国で品物が有る所から仕入れてでも売りさばこうとするのが商売人の根性なのはまだ理解できる。
ただそこで度合いを飛び越えてしまうことがあるのが今回の事例でも見ることができる。

ネットで売買

今はオークションや、ECサイトの作成も楽になったことで、簡単に誰でも売買が可能になってきたのが利便性もある反面悪徳な行動も存在している。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131222/wec13122218000002-n2.htmここの記事では不正アクセスで転売しようとしたとして逮捕された事例が記載されてい。
「楽天市場」に不正アクセスしてポイントを電子マネーに換金という事例は明らかに違法な行為だったのだろう。
ただ具体的な方法は記載されていないが、楽天ポイントは楽天アフィリエイトなどで容易に稼ぐことが出来るので、適当な情報で登録だけして楽天ポイントを荒稼ぎ→架空の情報で稼いだりということが出来なくも無いのではないだろうか?確か楽天アフィリエイトなどは日本国内在住などでなければ利用不可能などという決まりがあるはずなのだ。
他の点で不正アクセスということであれば状況が推測はしにくいが、どちらにしても、こういうことがおきてくると何かしら規制が厳しくなる事は考えられる。
そして極端にこういう事例が続くと、外国人犯罪によって、日本人ですら、今後アフィリエイとは身分証明の提示などが義務付けられる可能性すら出てくる。


I/51yYoEQPjeL._SL500_.jpg” alt=”ムーニーマン エアフィット 男女共用 はいはいサイズ 72枚入(パンツタイプ)”border=”0″ />

ムーニーマン エアフィット 男女共用 はいはいサイズ 72枚入(パンツタイプ)

  • メーカー: ムーニー
  • 今後どうなるか

    中国では黄砂やPM2.4などの環境破壊や汚染による土壌汚染が進んでいる。韓国なども日本の原発を皮肉る発言が多いがそれでも日本の資源や製品を買い求める行動は見て取れる。今後万一中国で大規模な物資不足などが起きた場合は日本が丸裸にされそうな予感がするのが不安材料だろう。現に2000年代に入ってから水源の土地買占め問題をはじめ各種ところで中国の日本買収行動が起きている事は現に起きているので、油断していたらたずなを握られていたとなってはお終いだと思う。
    実際2011年の原発事故直後の計画停電などでもスーパーから各種食品やトイレットペーパーが無くなったことを考えると、もし少しでも国際的な動向が悪化すれば同様のことがおきないとは言い切れないだろう。「実際オイルショックか何かかよ」と突っ込みたい程度に関東圏内での品不足は加速した。ただこの時は関西圏はそれなりに物が店頭からなくなるということは極端にはおきていなかったようなのでまだ危機的なものではなかったが、中国などは福島原発の放射能汚染で塩を買い占めたりする行動がみられたことから中国国内で同様のことが起きればパニックは必至だろう。
    日本の自給率もそもそも海外に依存しているのだから。アジアに寄り添わなくとも、世界の動向には十分配慮した政策を行ってほしいし、TPPなども安直な展開だけは進めないでほしいと思う。