Windows7でスクリーンショットを取る方法について紹介する、
いちいちプリントスクリーンを押して、イラストソフトに貼り付けていると面倒だ。
そこでもっと楽に便利にスクリーンショットを取る方法を紹介する。
(Windows10でも問題なく使えています。)

スポンサード リンク

Windows7でスクリーンショットを撮る方法は2種類

  • デフォルトで最初からインストールされているソフトを使う方法か、
  • フリーソフトをダウンロードして使う方法が選択肢としてあります。
  • フリーソフトを使ったほうが個人的には楽に思います。

    OSに最初からインストールされているソフトを使う方法

  • Snipping Tool
  • 追記 2013/07/20
    Windows7からは、Sniping Tool という物が有りますが、このソフトを使うと楽に保存可能です。
    ちなみに操作方法はスタート→アクセサリ→Sniping Toolで起動可能。
    画像にキャプチャすることが可能なソフト。
    Windows10だと 『スタート(Windowsマーク)』⇒『Windows アクセサリ』⇒『Sniping Tool』です。
    これよりも個人的には、winshotの方が ショートカットが多様に設定可能なので便利だと思ったりするのです。

    フリーソフトを使う

    WinShot
    使うソフトは「WinShot」という物

  • ダウンロード
    WinShot – 窓の杜ライブラリ
    http://www.forest.impress.co.jp/library/software/winshot/
  • XPからの定番ソフトですが、窓の窓の杜の紹介ページでは

    対応OS : Windows 95/98/Me/NT/2000/XP

    となっていますが、Windows 7でも同様に使える。64bit版OSでも問題ない。
    Windows8は知らない(未確認ですが多分問題ないと思われる。)
    10でもなんとか使えています。

    Windows 7でキャプチャした画像を即保存しないとエラーが出て画面を閉じれないことがある。
    この場合は、タスクマネージャーを起動させて、WinShotを強制終了させて、
    再度使うにはWinShot再起動させないといけない事があります。

    デスクトップにショートカットを配置しておくと楽です。

    WinShotの設定

    winshot-setting
    設定で一度、過去に躓いたもののホットキーの割当さえしておけば、WinShotを起動させておけば1つのキーだけでスクリーンショットを任意のフォルダに保存できるので便利です。(環境設定で、保存フォルダ任意で指定できます。ただし他のショートカットキーとバッティングすると、利用できないことがありますので注意を。)

    インストールした場所

    更新日:2014/05/06
    例えば任意以外の場所にもインストール可能だ。
    D:programfile/WinShot
    等。
    WS000643
    こちらかにあるアイコン「WinShot.exe」から起動が可能。
    いちいちそこから起動させるのが、面倒な場合はショートカット作成してデスクトップにショートカットを作ればよい。

    起動させてからの設定

    一度 WinShotを起動させる。
    すると時計のあたりにアイコンが表示される。もしくは左向きの▲のマークの中に隠れている。
    WinShot-setting
    ここのアイコンを左クリックで設定を開く。

    その後、保存先を覚えやすいところに設置する。

    設定画面

    winshot-setting- (1)
    保存先は任意のフォルダを指定可能。Cドライブ以外のHDDにも保存可能。
    分かりやすいところに保存しておいたほうが無難。(結構頻繁に使っていると恐ろしい量がたまるので)

    ショートカット

    winshot-setting- (2)
    ショートカットキーの設定。
    注意点
    他のアプリケーションでショートカットキーを割り振っていると常時起動させているとwinshotがショートカットでは動作しないことがある。
    大抵起動させているのに動かないということはこれが殆ど。
    バッティングしている、該当のアプリを停止するしかない。
    あるいは「WinShot」は別のショートカットを割り振るしかない。
    むしろショートカットが一番肝だ。
    ホット・キーのJPEGで保存の箇所をどうするかで変わってくる。
    ショートカットの設定が一番面倒かもしれないしここを間違うと思うように動かない。

    その他

    起動させても使えないよという人は大抵

    ホットキーの設定ミスか、保存場所が間違えている。

    環境設定を見直すことをお勧めする。
    起動しているかどうかは、時計のところの左向き三角に表示が出ているとろこにWinShotのアイコンが有る筈。
    これが出ないということであれば起動していないと考えられる。

    • PC起動時にWinShotを起動させたい場合は、スタートアップに追加すれば可能だ。
    • マルチディスプレイ(液晶モニター2つ以上接続)環境で、動作するかは試していないので分からない。
    • Windows8は試してない。むしろOS持っていない。
    WindowsOSの基本動作について 訂正(コメントで指摘いただいたので)

    ■Purint Screen が⇒全画面 で
    ■ALTキー+Printscreenキー ⇒アクティブウィンドウ
    これで
    画像作成ソフト(ペイントやGIMPのようなソフト)に新規画像⇒貼り付け(ペースト)すれば良いのですが、

    ※ノートPCだと、+Fn(ファンクション)キーが必要なものもあります。(メーカーの差異調べていませんのでもし動作ができないということであればお試しを)
    ■Purint Screen+Fn(ファンクション)キー が⇒全画面 で
    ■ALTキー+Printscreenキー+Fn(ファンクション)キー ⇒アクティブウィンドウ

    これだと画像ソフト開くのが面倒だ。
    他にも特定の条件下では、キャプチャー出来ないことがある。
    ※『ALTキー』+『Printscreenキー』 が、「他のアプリ」で使うように設定されており「起動している」場合

    フリーズした場合

    たまにアクティブウィンドウ開きっぱなしにしているとWinShotが固まる。
    こうなると何しても動作しなくなる。
    この際には、
    タスクマネージャーから、
    WinShot 終了させる
    プロセス⇒WinShot見つけて右クリック⇒タスクの終了でWinShotのアプリ終了させて閉じる。
    WinShotをショートカットなどから再起動でまた使える。
    この点だけはWin7以降どうも対応していないイマイチな感じ。