WindowsLiveの連動のコンテンツの幅がめっさ増えていた。
hotmailにログインして、プロフィール設定するところからいろいろと設定できる。
msn WindowsLive 連動コンテンツ一覧
要するにプロフィールに設定して新着情報を表示できるサービスのコンテンツがわっさーと表示できるようなのですが。

スポンサード リンク

フレンドフィードで、かなり前に海外のサイトとかある程度登録しきったかなと思っていたのに、まだまだいろんなサイトがあるものです。
というかMSNのページのも、ほとんどまったく知らないサイトばかり・・・。
facebookは表示させることはできてもtwitterは無い。
1つのポータルサイトから、連動させることで知る他のサービス。ある種これもソーシャルメディア的なことなのか?(違いますw)

まぁなんといか実際に連動させたサービスを使うかどうかはおいておいても、最近のWindowsLIVEで友達招待してくるのは、ほぼ100%外国の人たちで、日本人めったに見かけない。
検索しても、いまいちどのキーワードを拾っているのかわからないので、うまいことHITしない。
facebookなどから友達を探すということをしても、エラーでうまいこと検索できないので、いまのところいまいちである。

Googleバズがいまいちパッとしないサービスだったのに対して、MSNは特に独自のサービスを提供しているわけではないのですが、

それでも、なんとなくmsnが気になる。

yahooJapanと、yahoo.comの捻れとかいわれてる最中、MSNはひっそりいまいちな動きなわけで。
MSNは最近あまり大きいイメージはない・・・。マイクロソフトなのに。
Hotmailもたまに改善させているようで、使いやすいようにはなかなかならないし・・・。

なんか急激には進展しないにしても、あんまし過激な変化も行動もなくひっそり在るだけというのが気になる。
WindowsLIVEのほかのコンテンツもまぁいろいろとあるけどどれもいまいち・・・なわけで。もしかして日本おいてけぼり市場?
ただまぁ、MSNがどうなるのかは、一応見ておくとしよう。

Myspaceとか、facebookとか、USTREAMも頻繁に使ってる人は、滞りあるような気はまだするのですが、どれが主流になるのかはまだまだわかりませんな。
なんだか不気味なMSNなのでした。