バカッターの意味

バカッターの意味はバカとツイッターを合わせた造語。
twitterにバカなことをやっている写真を掲載して炎上する輩の事を言うネットスラング。
内容は、悪ふざけから、犯罪行為まで実に様々。
写真や動画でアップロードされるため、拡散されやすいことも特徴の一つだ。
バカッターは英語圏ではTwidiotとよばれているらしい。

Twitterでバカが増える理由

スマートフォンが普及しだしたのが2010年。
それ以前はiPhoneなどは一部のIT大好き人間たちが好んで使うアイテムだった。
アンドロイド端末が増えスマートフォンが当たり前に販売されるようになり
TwitterやFacebook、LINE等を使う人口が増えた。
その結果インターネットを使うのに慣れていない人口までもがインターネットを利用することで、普段表に出てこないバカな行動を世界に発信する結果を引き起こし炎上が多発する事態になったと考えられる。

バカ発見器と呼ばれる理由

当初Twitterでは鍵アカ(非公開設定)にすることを知らない若者が多く炎上していた。
バカな行動をインターネットにアップロードする人ほど個人情報をあっけらかんと記載していることが多い。
Twitterだけでなくfacebookや、その他のWeb履歴などから個人を特定しやいことからも簡単に炎上に繋がり火が大きくなることが多い。
大学生ですら、Twitterをどんなものか理解できておらず、アホな発言をしているアカウントを多く見つけることが出来た。
Twitterに投稿することはWWW(ワールドワイドウェブ)とよばれるインターネット上に公開することであり、
フォローしていない人でも検索などでたどり着けば見れる媒体だということを理解せずに使っている人が多かったのが原因だ。

無くならないバカッター

Twitterで名もない一般人が炎上をすることは、
コンビニや飲食店・アルバイト先などで行われる違法行為から、学校などのいじめや様々なネットに投稿すべきではないものが多く、
インターネットリテラシーの低さの現れだと言える。

現在

インターネットの利用の理解度。
これは2016年現在でも炎上する人は居るため何も変わっていない。
中学生~大学生でも今現在でもバカな行動をアップロードする人間は後を絶たない。

【高校生・炎上】原田学園鹿児島情報高等学校の暴行動画がひどいTwitterに投稿する謎

【炎上】原田学園鹿児島情報高等学校の暴行動画がひどい 手を出した方が最悪なのは言うまでもない(どんな理由があったにせよ。) ひとまずインターネットにアップロードすんな動画撮影者。 学校か警察か被害者に手渡せよそのデータ。 インターネットにアップロードしても一つも得にはならない。

芸能人の新居探しを「ツイートしちゃった」不動産社員の炎上バカッター騒動 |Twitter

Twitter

芸能人の新居探しをTwitterに「ツイートしちゃった」不動産社員 が謝罪したという事件。 この手の有名人が被害を追う事例撲滅しないですね。 むしろいい年した社会人がネット上に垂れ流すとか、それだけでも会社の損害につながりそうなものだがちっとも危機意識ないのだろうな。

東京都内の大学生が集団で飲食店で食い逃げしてTwitterに投稿

インターネット

2014年もバカッター東京都内の大学生が集団で飲食店で食い逃げしてその前後の様子をtwitterに投稿する事例が発生 その様子はtwitterで写真つきで投稿 登場人物は12人とされているが、 投稿した中の数人の情報から大学名が特定される ⇒炎上⇒店に謝罪して許してもらったという事例。

[炎上商法]ファンを利用して一般人のツイッターアカウントを凍結に追い込む有名人

Twitterは、いつから有名アカウントが晒し上げを行うようになったのかが理解できない。 炎上商法とはいえ一般人と思われるアカウントを名指しで凍結に追い込むというやり方は卑劣に写るのだが・・・。 まず最初にtwitterはシステム的な処理を行っているとしか思えない。 インターネット上では、一定数のスパム報告がなされたらアカウント凍結になるという見方が多い。

バカッターと言うよりも犯罪行為

インターネット

バカッターがどうこうと言うよりも犯罪行為。 中学生・高校生が悪ふざけするのはまだ百歩譲って理解したとする。 しかしながら大学生になっても、明らかにふざけた行為が目立つバカッター事例。 体罰も、体罰では無く犯罪行為として未・・・

バカッターについて

インターネット

バカッターは2013年7月頃から、出現しては炎上が続く一連のtwitter炎上事件の事を指す。 過去の投稿をさかのぼると2010年度くらいには『バカッター』という単語はつぶやきで発見することができた。 他にも、バカッター・・・

ページの先頭へ