中国産についての記事

中国産は毒入り餃子に続き食品だけでも、中国産チキンの問題、そのほかにも様々な疑惑が後を絶たない。
中国人が中国産の食品は安心して口にできないと言われているように中国人は食品ですら欺いて商売するのだから、
他の国の人からすると中国という国を全く信用できない地域に思えてならない。

信用できない品質の筈が

中国産の危険性やリスクは、誰しもが認識しているし中国国内の富裕層ですら中国産は食べないと言われるほどの品質だ。
その反面中国産の食材を使っている日本国内の大手飲食店は多い。
牛丼チェーン店の松屋は、キムチが中国産
日本マクドナルドも各種原料の野菜や果物を中国産の材料を使用している。
牛丼チェーン店や、スーパーなどでは当たり前に中国産ウナギを使った蒲焼が販売されている。

中国産は安さしか売りが無い

スーパーなどでもニンニクが青森産と中国産の価格を比較するだけでも数倍の価格差がある。中国産はとにかく安さが売りなのだ。
しかし安い=おいしいわけでもなく、必ずしもお得とは言えない。
反対に中国が有利な食材もある。
メンマの原料は、中国産が多く使われている。
よくて台湾産が出回っている程度だ。
メンマの原料になる材料は日本では生産が少なく高級品として市場では取り扱われている。
このためどうしても加工食品や生物でもメンマやニクニクなどは中国産が多い。
干しシイタケやワカメなども中国産は意外と多い。

中国産のIT機器は危険

中国で製造・生産されたPCは使うなというのが各国の政府機関の通達がニュースで報じられていることは記憶に新しい。
どうにもセキュリティーに穴を作っているらしくネットワーク機器・携帯電話・パソコンあらゆるものが
中国産にはリスクが、埋め込まれているとみて過言ではないだろう。

マクドナルドの『かにコロッケバーガー』の原料の蟹は韓国産だった(マッシュルームは中国産)

生活

日本マクドナルドが12月17日から販売開始した「かにコロッケバーガー」の公式情報で原産地を確認すると『蟹』は韓国産だった。 マッシュルームは中国産。 何故蟹を韓国産のものを使うのかが理解できない。 中国産チキンの問題でま・・・

中国産が危険な理由【食品】

中国産が危険な理由は多々ある。一言でいうと基本的な文化や思考が異なる点が大きい。 衣料や工業製品でもパクリ問題がおきたりしているが 食品だと口にするものなので「騙されると」リスクは多すぎる。

中国産は割り箸も危険

中国産は割り箸も危険 外食で気をつけないといけない物。食べるということで口にするものばかりに目を取られていては危険です。 中国産というと2014年マクドナルドやファミリーマートで判明した消費期限切れ肉を用いていた事件で改めて中国産食品への危機感が発生したが『割り箸』もそうとう危険らしい。 概要を伝えると、

マクドナルドの中国産チキンナゲットの本質的な問題点。

外食 食品

食っても死なない と言って期限切れ肉を混ぜていたマクドナルドのナゲット工場の人の動画が流れて、7日たちましたがこの間の日本マクドナルドの対応は呆れるものばかり。 このことが意味するのは、中国産のリスクが相当高いことを示している事と、日本マクドナルドが主張している、『高品質で安全なお食事をお届けするため、「すべてを、お客様のために」の方針のもと最善を尽くしてまいります。』これは胡散臭く見えてしまう。

中国が「中国産OS」開発の謎

PC

ChromeOSとかLinuxがあったりで、基本無料なOSがあることは珍しくないのですが、確かFireFoxを提供しているMoziraもモバイル向けOSリリースしていた気がするが、無料なOSはそれなりにある。中国がOSをリリースするというので気になった。

中国産の食品も危険

食品

中国産の食品も危険なのは、韓国と同様である。むしろ国土が広いので韓国寄りも中国の方が土壌汚染や水質汚染と、国民の教育の格差が酷いので、危険な水準は高いのかもしれない。大陸内で核実験などもしていた国ですし。中国では過去に毒・・・

ページの先頭へ