コンビニ(コンビニエンスストア)

コンビニ(コンビニエンスストア)は便利なお店という意味で長時間営業の小規模店舗のこと。24時間営業が必須条件ということではない。
日本ではセブンイレブンがもっとも大きく他にローソン・ファミリーマートが続き、ミニストップやサークルKサンクスなどがある。

コンビニ弁当高い&危険

蔦監修 まかない肉飯 360円

コンビニ弁当は価格も高いし危険であるということ。 コンビニ弁当買うくらいなら弁当屋にいって惣菜買うなり、 自炊した方が何倍もマシであるという事について。

期限切れコンビニ弁当

期限切れしたコンビニ弁当をアルバイト店員が持ち帰るという話は昔からよくある話。 しかしながら最近ではこのコンビニ弁当の扱いが非常に難しいものになってきている様子。

大分県のコンビニで不当な罪で小学生を通報⇒防犯カメラ確認したら無関係【万引き?】

日本 生活

コンビニで濡れ衣の罪で通報して無罪で、謝罪とか小学生には怖い思いだったと考えられる。 何故店員は監視カメラのデータを事前に確認していなかったか疑問だ。 手間が掛かるのか?証拠が無いのに通報するのもどうかと思う。この辺りで・・・

糖質制限 外食編:糖質制限ダイエットをコンビニエンスストアでも行うには

コンビニエンスストアはオニギリや弁当、レジ前にはおでんや肉まん、チキン類など沢山の料理が販売されている。糖質制限ダイエットをコンビニエンスストアでも行うには鉄板はローソンだろう。ローソンには「ふすまパン」という小麦の外皮を使用したパンが販売されている。 この『ふすま』は普通の小麦よりも食物繊維が豊富で糖質の値が低くなる。

食品で危険な物

現代では、外食産業のみなならずスーパーで購入可能な食品の殆どは外国産だ。 国内で作っている弁当や惣菜なども材料が海外の輸入物である上に、保存料や添加物まみれであり、一見しただけでは何が体によくないのかが分からないほど浸透しきっているのが実情だ。

コンビニや外食チェーン店の食品が危険な理由

コンビニで食事を済ませる機会というのは多い。例えば都心に飲食店は多数あれども昼時や夜間などは大抵込み合う。忙しい合間の食事となるとどうしてもコンビニで適当に購入して済ませるというのがどうしても利便性が高い。

ページの先頭へ