フライドチキン(ローソンの黄金チキン)『ケトン体ダイエット』とは、糖質制限を行うダイエットで、『糖質制限ダイエット』とも言います。
糖質が、炭水化物-食物繊維の値であることから、
『炭水化物制限』『炭水化物制限ダイエット』とも呼ばれています。

各種媒体で、統一されていないため混同してしまいやすい単語です。
『ケトン体ダイエット』=『糖質制限ダイエット』=『炭水化物制限ダイエット』
どれも同じ意味です。

スポンサード リンク

糖質制限についての注意。

基本的に炭水化物-食物繊維を抜いた値の糖質制限において、下痢になりやすいや、クラクラするといったことから炭水化物抜きは危険だと思うのは早計です。
基本カロリーや必須栄養素の概念では、炭水化物以外のビタミンやカルシウムなどのその他の栄養素の概念も忘れてはいけないため、ほどほどに糖質制限と必須カロリーとビタミンだけは気にして取り組むようにしてください。

ケトン体とは

ケトン体は炭水化物を食べると、分泌される成分で、消化されない成分を脂肪に変化させたり、
蓄えた脂肪をエネルギーに変換させる体内の成分です。

基本的には糖尿病の分野で注目されており、ケトン体が多く分泌されることで様々な体への負担が増加することで、体内の様々な機関に悪影響が出るものとされています。
炭水化物の消化、エネルギー効率化の個人差が現代の人類においてはどうしても大きいのが問題視されています。

炭水化物は必須栄養素では無かった!

戦後の日本の文化では炭水化物は必須栄養素だと考えられてきましたし、現在でも1日の必須炭水化物量を国が掲げているのが実態です。
これは先進国のどこの国でも炭水化物を重視したり、製造しているため、全否定することは、合理的ではありません。
ただし炭水化物を食べなくても、生きていけることが出来て
なおかつ健康に良いことが分かっていることも頭に入れておくべきなのです。

炭水化物を押さえることで何故痩せることが可能なのか?
今まで様々に語りつくされきたダイエット手法には医学的な根拠がなかったことが最大の要因です。
ケトン体は糖尿病や成人病などの医学の場で様々な研究が行われており、
国際的にも低糖質制限の値が設けられているように、
糖質を抑える事で健康に良いと認められているともいえます。
糖質制限で食べて良い食材と、食べてはいけない食材について

健康以外にも様々なメリット

痩せたい
という目的で無いにしても、

  • 癌の予防や、
  • 虫歯の予防、
  • 内臓や血管を綺麗にする
  • 他様々な健康においてのメリットが注目されています。
    中には体内環境が綺麗になることで、
    老化防止にも役立ったり、肌が綺麗になったりすることも期待されていますので、
    ダイエットを気にしない人でも注目すべき要素が多いのが糖質制限食だといえます。