糖質制限とは、

糖質制限とは、
炭水化物-食物繊維の値である『糖質』を抜く食生活を送る方法です。
チャーシュー盛り合わせ
糖質制限の食事は、主に食べる物は肉と葉野菜になる。
糖質は炭水化物(g)から食物繊維(g)を差し引いたものです。
糖質制限は糖質を含む食品を抑える方法です。(糖尿病などの食事制限で用いられる)
糖質制限は炭水化物抜きダイエットと言われるほどに炭水化物が天敵なものです。
糖質制限食は、世界基準で糖質制限食は『130g/1日』未満とされている。
他にも糖質制限を提案する人の中には糖質を20g以下に抑えたりだとかまったく禁じる(0.*gという単位程度)で摂取する方法など、どの『方法』を選択するかが分かれ目になる。医学的にこの値なら良いという決まった数値は存在していない。個人差も大きいため健康で無い人は医師の指示の元行う必要性が有る。

そもそも食品の栄養として、炭水化物が従来は必須栄養素とされてきましたが実際には異なります。
ご飯を食べなくとも、パンを食べなくても、芋も食べなくても健康的に暮らす事ができるだけでなく様々な生活習慣病の改善につながる事が期待されています。
例えば太りすぎて糖尿病になることの改善やその他の症状でも改善の事例は調べるとここまで糖質制限が効果があるのかと思うものまで記載されています。
国威基準の低糖質制限の値も定められており、糖質制限中の食事の内容は、摂取カロリーはそのままに炭水化物を抜く代わりに肉や魚・葉野菜といった食事がメニューの大半を占めることになります。
もしもいきなりそんな食生活は無理だと思う人は、1食・夕食だけでも炭水化物を押さえる食事にしてみるのも手です。

日本の医療は狂っている

デタラメ治療の結果 糖尿病で年間3000人以上が失明、足切断
2014.10.19 07:00
というニュースセブンの記事を見ても分かるように、日本の医師は利権による思惑からなのか「糖質制限」を否定する傾向が多く見られます。
中には江部医師のように糖質制限を推奨する医者もいるのですが、お米やパンが売れなくなると困る人も多いのでしょう。
ただしい糖質制限の知識さえ身につければ健康的な生活が送れることは間違いないので、興味を持ったらご自身で一度よく調べてみる事を推奨します。

低糖質な食事を毎週ご自宅にお届けするサービス「NOSH – ナッシュ」

https://plus.nosh.jp/menu

糖質制限ダイエットプログラム「NOSH-ナッシュ-」 管理栄養士がご用意する低糖質な食事を毎週ご自宅にお届けするサービス「NOSH - ナッシュ」。 糖質制限を考慮された食事メニューが、お客さまのダイエットや糖尿病をはじめとする生活習慣病予防をサポートします。

糖質制限で話題!高タンパク質で安心安全、ニュージーランド牧草飼育牛【Saito Farm】

http://www.mdfood.jp/saitofarm/

牧草牛の名付け親・ケトジェニックダイエットのドクター斎藤が推奨 現代人に足りない栄養素を豊富に含むパーフェクトフード グラスフェッドビーフ(牧草牛)赤身牛肉のイメージを覆す、香り豊かでジューシーな最高級の赤身牛肉をご堪能ください。

食事前に食べるだけ!脂肪や糖を抑える【ベジファス】

purefield.biz

脂肪や糖を抑えるベジファスは、食事の前にお一つサッと食べるだけ! デザート感覚で簡単に続けることができます。 食事制限がうまく続かない方、 いつもの食事をしながら脂肪や糖を抑えたい方、 食物繊維などの野菜の成分をしっかりとりたい方にもおすすめです!

中華麺の糖質は、いくつなのか(ラーメンの麺の糖質量)

ダイエット 食品 健康

醤油ラーメン、とんこつラーメン、家系ラーメン、背脂たっぷりのラーメンに、二郎系ラーメンなど 日本国内で販売されているラーメンは、毎年新しいジャンルをどんどん突き進むかのように創意工夫がなされており食欲を引き立てます。 ここでは、ラーメンに使われる中華麺の糖質が幾つなのかについて紹介します。

糖質制限の、お勧め商品

糖質制限のお勧めアイテムを紹介します。 始めに糖質とは、炭水化物-食物繊維の値です。 このことから、炭水化物を食べてもその分食物繊維を摂取すると下げることが可能です。 国際基準の低糖質制限食は1日130g。 スーパー糖質制限が1日60g未満。 中には1日の摂取糖質制限を極端に0に抑えるという事例も存在します。

糖質制限で食べて良い食材と、食べてはいけない食材について

健康

糖質制限は無様々なメリットとデメリット存在しています。 最初に、低糖質な食事の国際基準は1日130gです。 1日でご飯3膳食べると、150gは超えます。 この基準の炭水化物を摂取しないように心がける必要が有ります。 糖質制限のメリットは癌や糖尿病予防、体脂肪を蓄えないなど人間にとって利益になることが様々あります。

ページの先頭へ