エックスサーバー株式会社のアフィリエイトバナーを掲載していたのですが提携解除された。
2015年11月21日に最初の通知があり、
2015年11月28日に解除。
有無を言わさず解除。
今まで、wpXクラウドの契約があってもゼロ円のときからwpXレンタルサーバーの広告バナー掲載していたり、
割と報酬目的というよりもリンク先としてはっておいたのに、(元々は、クリック報酬はなかった筈だった。
アフィリエイトリンク掲載していて棚ボタでもいいんじゃないか?と思ったらいつの頃からか
クリック報酬が発生するようになっていて、殆どクリック数なんざ微々たるものなので気にもとめていなかった。)
今回5年位アフィリエイト広告を掲載していたと思うSixcoreや、エックスサーバーのサービスの提携も解除されてしまった。

スポンサード リンク

アフィリエイト提携解除の謎

解除理由が
“貴サイト経由のアクセスが当社が想定しているものと異なるため、”という理由らしいので腹立たしい。
そんなのアフィリエイター側からはトラフィック状態調べることできませんがな。
管理できないものの為に提携解除されるとか謎。
A8.netで、
twitter投稿NGなのに、twitterに投稿しているアホアカウントは解除しないで、
オイラを提携解除する会社・・・・・・・・・・・
エックスサーバー株式会社のASP担当阿保だろう。
個人的には収益性とか抜きでバナー掲載していたのにこの仕打ちは、ちょっといただけない。
元々クリック報酬とか期待していなかったのに、この対応はどうなのよと思う。
1クリック0円でも、絶対エックスサーバー株式会社の広告掲載する姿勢だったのに、提携解除って酷くないかぁ?と思ったので抗議に出る。

抗議した

ひとまずASP側から一度解除されると、
提携先の担当者に問い合わせる事は出来ないため、
該当サービスの社長ブログに抗議してみた。

http://x-blog.jp/archives/1754#comment-75983
どちらにしても、
多分クリック数に対して、契約数が低いから切ったんだと思いますが、
一応今年だけでも数件成約している事例はあったんですけども提携は、切られている。

クリック報酬なんざいらんんので提携していてほしかったが、一方的に解除なので、アフィリエイターは報われる事はないですね。
アフィリエイトというサービスの限界感じるばかり。
というよりも担当者や運用方針変わると、一気に利益ゼロになるアフィリエイトのマイナスイメージ感。
元々高額な売り上げがあるランクでもないので特別対応も元々ないですし・・・。

まぁ返事もらえても、再度提携は無理なんだろうし、今後はエックスサーバーディスっていきますかなぁ。
仕様はhttps利用できない以外はSOVAよりは スペック高そうなんですけども・・・。

エックスサーバー社長の対応は良いと思うものの
サービスのメール問合せも、ASP担当もイマイチなのが否めない。
もうちょっとサポートに力いれてほしいものです。
エックスサーバー株式会社には不信感が募っているオイラでした。

その後

一応エックスサーバーのASP担当から月曜日には回答がもらえるらしい。
一応エックスサーバー社長の回答も疑問が拭えないので、果たしてどんな回答が帰ってくるのか怖い。

GMOを押したくはないが妥当な広告無いので仮に。貼っておく。

もう一層Sova WPにでも移転すっかなぁ。
エックスサーバーからSova WPに移転作業して気づいた事

結論

ひとまず、再提携できたものの、今後もまた提携解除される可能性があるので、SOVAに移動するか悩みどころでは有る。
wpXだとアクセス数少ないと、読み込み速度がジャバスクリプトとかあると、どうしても遅くなるのでエックスサーバーとの優位性もあまり薄いですし。
(外部要因で遅くなっているのは理解しますが・・・。)
どちらにしても、高速表示可能なサービスは悩みどころです。
今のところwpXではhttpsも、独自CDNも無いわけだし。
Sovaのが強い気がしてならない。(ただしSovaは運営会社がシンガポールというのも悩ましい。)
レンタルサーバーの比較(WordPress向け)
ヤフオクアフィリ終了

Amazonアシエイトの料率変更2014/09/01から

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

  • 著者: 河合大志
  • 出版社: ソーテック社
  • 発行日:2014-09-18
  • 楽天ロゴ楽天市場で『アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61』を検索する。


    アマゾンアフィリエイト 報酬アップの絶対法則61